現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:ジェームズ・キー加入が未確定のマクラーレン。チーフエンジニアの退任も発表していた

ここから本文です
スポーツ 2018.7.28

F1 Topic:ジェームズ・キー加入が未確定のマクラーレン。チーフエンジニアの退任も発表していた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのテクニカル・ディレクター、ジェームズ・キーをマクラーレンが獲得したと一方的に発表した一件によって、マクラーレンとトロロッソはハンガリーGPで冷戦状態に入った。 

 トロロッソ側は、キーと長期的な契約があると、態度を硬化。マクラーレン側からは依然として、キー加入に関する正式なリリースは出ていない。つまり、もしキーがマクラーレンへ移籍できなかった場合、キーの前途はかなり多難なものになることが想像できる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 問題はそれだけではない。じつは、マクラーレンはキーの加入とともに、チーフエンジニアを努めたマット・モリスの退任も発表していた。モリスは、すでに辞任したエリック・ブーリエら、『アンタッチャブルズ』と呼ばれた1人で、ドイツGPには久しぶりに現場に姿を見せていたが、その表情はかなり険しかった。


 ところが、この報道はほとんどされていない。じつはこの発表は『ワッツアップ』で行われたためだった。『ワッツアップ』とは、アメリカのコミュニケーションアプリで、日本のLINEと同じシステム。欧米ではほとんどの人が使用しているアプリだが、F1でもチームの広報がメディアに情報を発信するツールとして、近年多用され始めている。

 ただし、マクラーレンの広報からの情報を受け取るためには、マクラーレンの広報が作ったグループに登録しなければならない。したがって、一般の人はもちろん、メディアでも登録していない人たちは見ることができないため、モリスの退任はあまり報じられなかったのである。

 皮肉だったのは、トロロッソ側の反感を買うことになった、マクラーレン側の一方的なキー加入の発表を行ったマクラーレンの広報が、じつはトロロッソの前身であるミナルディ出身者だったこと。

 いずれにしても、マクラーレンはキーの加入を前提にモリスの退任を発表したわけだが、肝心のキーの加入の目処が立っていない。つまり、最悪の場合、マクラーレンはキーもモリスも失う可能性がある。果たして、マクラーレンの未来は今後どうなるか……。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します