現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、レース終盤のチームオーダーは”ポイントを失うリスクを避けるため”と説明|F1ドイツGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.23

メルセデス、レース終盤のチームオーダーは”ポイントを失うリスクを避けるため”と説明|F1ドイツGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ドイツGPの決勝レース終盤にチームオーダーを発動したことについて、ポイントを失うリスクを避けるためだったと説明した。

 決勝レース後半、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がクラッシュしたことによりセーフティカーが出動した。その間にボッタスやキミ・ライコネン(フェラーリ)がピットストップを行ったことで、3番手を走っていたルイス・ハミルトンがトップに浮上した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 リスタート後、ボッタスはハミルトンをオーバーテイクしようと仕掛けた。しかしその直後に、メルセデスのストラテジストであるジェームス・ボウルズがボッタスに対し、ポジションをキープするように伝えた。

 レース後、ウルフは彼らにバトルをやめさせた理由について、チームは後ろを走るフェラーリのレースペースに対応しなければならず、貴重なポイントを失うというリスクを負いたくなかったからだと説明した。

「まず最初に、ここでは我々のマシンは最速ではなかったので、次のレースに向けて改善しなければならない。というのも、次のレースは最も重要なものだからだ」とウルフはSkyに話した。

「あの時はまだ雨が降っていて、彼らのバトルはとても張り詰めていた。この何レースかのように不運によって全てを失う可能性もあったので、あの段階では落ち着いたままでいて欲しかった」

 メルセデスはオーストリアでダブルリタイアを喫したり、イギリスではハミルトンがライコネンとクラッシュしたりと、この数戦は不運に見舞われていた。だがウルフは、ホッケンハイムではメルセデスに運があったという事実を受け入れた。

「我々の不運は、極めて素晴らしい幸運となって返ってきた」

「それで私も満足だ」

 一方、ボッタスは今シーズン初優勝のチャンスを逃したことにがっかりしていたが、チームの指示を受け入れたと話した。

「セーフティカーの後、(リスタート後)1周目にルイスと少しバトルをした」とボッタスはレースを振り返った。

「その時僕は彼を抜けなかった。そうしたらチームが、リスクを最小限に留めるように伝えてきたので、僕はそれを理解したんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します