現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シーズン中の離脱か、契約延長か。ライコネンの去就に、相反するふたつの噂

ここから本文です
スポーツ 2018.7.18

シーズン中の離脱か、契約延長か。ライコネンの去就に、相反するふたつの噂

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キミ・ライコネンが2018年最終戦を待たずに、フェラーリから放出されるのではないか。そんな噂が、スイスから流れて来た。
                         
 スイスの日刊紙「ブリック」が、ライコネンは自らが17年前にF1デビューしたチームであるザウバーに、今季中に移籍する可能性が高いと伝えた。その評価をますます高くしているルーキー、シャルル・ルクレールが、ライコネンに代わってフェラーリのレースドライバーとなり、そのまま来季もセバスチャン・ベッテルのチームメイトを務めるという。

 一方でフェラーリの内部事情に詳しいイタリア人ジャーナリスト、レオ・チュリーニは、まったく真逆の情報を得ている。ライコネンとは来季もう1年契約を更新し、ルクレールのフェラーリ入りは2020年以降になるというのだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「ベッテルとライコネンのコンビは、ここ25年間のフェラーリのドライバーラインアップでは最高と言っていい。それに今季のマシンパッケージはついにメルセデスを超えて、最強だ。ついにタイトルを狙える位置に来たのに、わざわざドライバーを交替する必要があるだろうか。ライコネンはまだまだやれるし、ベッテルの信頼も厚い。継続こそが、今のフェラーリに求められるものだ」とチュリーニは語っている。

 ちなみにフランス、オーストリア、イギリスの3連戦で最も多くのポイントを獲得したのは、ベッテルで50ポイント。ライコネンは僅差の48ポイントで2位という好成績を収め、選手権でもベッテル、ルイス・ハミルトンに次いで暫定3位に付けている。     

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します