現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGP木曜会見:ハミルトン、ワールドカップのイングランド戦に気もそぞろ

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

F1イギリスGP木曜会見:ハミルトン、ワールドカップのイングランド戦に気もそぞろ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第10戦イギリスGP木曜日の会見は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、シャルル・ルクレール(ザウバー)の3人。
 
 まずは前戦オーストリアGPで9位入賞を果たしたルクレールから。好調の秘訣を尋ねられると、次のように回答した。

「特に好調だとも思っていないし、自信がついたとも思っていない。まだまだ100%満足するレースができていないし、レースが終わるといつも反省ばかりしているよ」

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 それにしても、最近の6レースで、5回も入賞している。シーズン序盤と中盤での違いを聞かれると、ルクレールは面白いエピソードを教えてくれた。

「開幕数戦は、本当に厳しかった。そこで、4戦目のバクーでエンジニアにセットアップについて、ちょっと確認したんだ。すると、あることがまったく間違った理解をしていたことがわかって、それからは物事がうまく進むようになった」

 続いては、前戦オーストリアGPの勝者、フェルスタッペン。「今週末も戦えそうですか?」との質問に、「ちょっと厳しそうだね」と首を傾げ、その理由を次のように説明した。

「僕たちはベストシャシーを持っている。だから、ストレートよりもコーナーでの競争力が高い。でも、今年はいくつかのコーナーが全開で行けるようになった。例えば、シルバーストンだとターン1やコプス(旧1コーナー)がそうだ」

「おそらく、ほかのチームも同じだろう。全開で行けるようになるということは、コーナーがなくなって、結果的にストレート区間が伸びることになるわけだから、僕たちにとっては厳しくなるというわけさ」

 そして、今回イギリスGPが母国グランプリのハミルトン。今年のレギュラードライバーの中で、ただひとりのイギリス人ドライバーのハミルトンにとって、「やっぱり、イギリスGPは特別だ」と言う。

 そんなハミルトンにとって、今週末はもうひとつ大切な試合がある。サッカーのワールドカップだ。7月3日の決勝トーナメント1回戦に勝ったイングランドの準々決勝が7日の土曜日に行われるからだ。


 試合開始時間はイギリス時間で午後3時。予選終了直後だ。もし、ハミルトンが予選トップ3に入った場合、ドライバーは記者会見に出席し、その後、世界各国のテレビ取材も受けなければならない。そのことを尋ねられたハミルトンは、記者会見場にいたFIAのスポークスマンにこんなことを質問した。

「ちょっと確認したいんだけど、予選後の記者会見を欠席した場合のペナルティって何? (FIAと)交渉することはできない? だって、(イングランドの)試合が見たいんだよ。もちろん、見るとしたら携帯だけど、少なくとも見られるだろ」

 これには、FIAのスポークスマンも苦笑いするしかなかった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します