現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPクラスに新サテライトチーム誕生か。ヤマハとセパンサーキットがYZR-M1の供給について合意

ここから本文です
スポーツ 2018.7.5

MotoGPクラスに新サテライトチーム誕生か。ヤマハとセパンサーキットがYZR-M1の供給について合意

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ発動機は5日、第18戦マレーシアGPの舞台となるセパン・インターナショナル・サーキット(SIC)と基本合意書に署名したことを発表。合意書には2019年から3年間、SICにヤマハYZR-M1を供給する内容が含まれており、新たなサテライトチームが誕生するようだ。

 SICは、レースを開催するサーキットだけではなく、Moto2クラス、Moto3クラスに参戦するチームを所有している。

    鈴鹿8耐:前夜祭のイベントが決定。トークショーやナイトピットウォークなど開催

 そんなSICとヤマハがマシン供給に関して合意した。この合意書のなかでポイントとなるのは供給マシンが最高峰クラスのMotoGPマシンであることだ。

 同時に、SICはMotoGPに参戦しているアンヘル・ニエト・レーシング・チームから、参戦権を譲り受ける契約を交わしたことを発表。2019年からSICが2台体制で最高峰クラスに参戦することになる。

 ふたつの合意内容を考慮すれば、SICはヤマハのサテライトチームとしてMotoGPクラスに参戦することになりそうだ。

 アンヘル・ニエト・レーシング・チームは、2017年までアスパー・チームとして参戦していたチームで、ドゥカティのサテライトチームとして活動している。チーム代表は、80ccと125ccの元チャンピオン、ホルヘ・マルティネスが務めている。

 なお、マルティネスはスポーティンアドバイザーとしてSICの新チームに加入することが発表されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します