現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ルクレールの来季フェラーリF1昇格は双方にとってリスキー」とビルヌーブが主張

ここから本文です
スポーツ 2018.7.4

「ルクレールの来季フェラーリF1昇格は双方にとってリスキー」とビルヌーブが主張

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1に関して常に忌憚のない意見を述べる元F1ドライバーのジャック・ビルヌーブが、ザウバーF1のシャルル・ルクレールが2019年にフェラーリ入りするのではないかとの噂について否定的な発言を行った。

 イタリアのLa Gazzetta dello Sportは、フェラーリは来年キミ・ライコネンの代わりにルクレールを起用することを決め、2019年からの2年契約で合意したと伝えている。しかしながらビルヌーブは、この決断は時期尚早であり、チームにとってはリスクの高い計画であると考えている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 1997年のF1チャンピオンであるビルヌーブは、オーストリアで「彼(ルクレール)には早すぎると思う」とAuto Bildに語り、以下のように続けた。

「一方でフェラーリもまた、ベッテルに打ち負かされた場合は、彼をだめにしてしまうというリスクを負う。さらに言えば、フェラーリには経験のあるセカンドドライバーが必要だ。キミ・ライコネンはいまでも安定した走りをしている」

「来季、セバスチャンがひとりでマシン開発をしなければならないとしたら、不利になる。僕だったらルクレールには成長と学習のために、もう1年の時間を与えるね」     

 フェラーリは、確かな才能を持つルクレールとの契約を急ぐ必要はないともビルヌーブは言う。

「何にしても、彼は契約のもとでフェラーリのジュニアチームにいる。急いでAチーム(フェラーリ)に入れる理由が見当たらない。なぜなら彼がどれほど良いドライバーであるかを、僕らはまだ全然知らないからだ。比較対象が(マーカス・)エリクソンしかいないのだからね」  

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します