現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリF1「高い路面温度によってタフなレースに。多彩な戦略が展開された」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.3

ピレリF1「高い路面温度によってタフなレースに。多彩な戦略が展開された」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 オーストリアグランプリ決勝

■レッドブルのマックス・フェルスタッペン、レッドブルリンクで優勝:スーパーソフト-ソフトと繋ぐ1ストップ戦略を採用

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

■レース週末中、最も高温となった路面温度が2ストップ戦略を促進

■トップ10内で多彩な戦略が展開された一方、通常よりも多くのメカニカルトラブルによるリタイアが発生
2018年7月1日、シュピールベルク
 このレース週末中で最も高い、40℃を超える路面温度が、オーストリアグランプリに大きな影響を及ぼし、波乱の展開を含む接戦が展開されました。このコンディション下、複数のマシンでブリスターが発生し、各チームによる戦略は広範囲に渡りました。

 トップ10ドライバーが1ストップ戦略を採用した一方、下位では2ストッパーを余儀なくされたドライバーも存在しました。また、通常よりも多くのメカニカルトラブルによるリタイアが発生し、チャンピオンシップの状況を一変させました。

 4番グリッドからスーパーソフトでスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、チームのホームレースを制しました。フェルスタッペンを含むトップ10グリッド中の4名が、スタート時にスーパーソフトを装着していました。

 レースのファステストラップは、2位を獲得したフェラーリのキミ・ライコネンによってファイナルラップで記録されました。

ピレリカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「レース週末中で最も高くなった路面温度によって、高速レッドブル・リンクでのレースは非常にタフなものになりました。このコンディションが複数のマシンでブリスターを誘発し、表彰台のドライバーたちは皆1ストッパーでしたが、1ストップと2ストップによる多彩な戦略が展開されました」

「ほぼ全ドライバーがソフトタイヤで第2スティントを走行したことで、ブリスターの影響が顕著になりました。ソフトタイヤは今回の3種類のコンパウンド中で最も摩耗が少なく、従って、より多くのラバーと熱を含み、それがブリスターの影響を受けやすくしたと言えます」

「緊迫したエキサイティングなレースの結果は、チャンピオンシップ争いをもつれさせることとなりました。これから、来週のレースが開催されるシルバーストンへ向かいます」

コンパウンド毎のラップタイム上位
●ソフト
K.ライコネン 1分6秒957
S.ベッテル 1分7秒082
M.フェルスタッペン 1分7秒442

●スーパーソフト
L.ハミルトン 1分7秒241
D.リカルド 1分7秒591
M.エリクソン 1分8秒216

●ウルトラソフト
K.ライコネン 1分8秒954
S.シロトキン 1分8秒971
S.ベッテル 1分9秒232


最長スティント
●ソフト
M.フェルスタッペン、K.ライコネン、S.ベッテル 56周

●スーパーソフト
B.ハートレー 54周

●ウルトラソフト
K.マグヌッセン 28周


ピットストップ戦略
 マックス・フェルスタッペンが予測通りの1ストップ戦略で優勝しました。4番グリッドからスーパーソフトでスタートしたフェルスタッペンは、15周目にソフトへ交換しました。トップ10ドライバーは全て1ストップ戦略を採用しました。

 2ストッパーで上位を走行していたマシンも存在しましたが、フィニッシュできずリタイアという結果に終わりました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します