現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ERC:新型『シトロエンC3 R5』参戦。開幕戦には35台のR5カーが集結

ここから本文です
スポーツ 2018.3.22

ERC:新型『シトロエンC3 R5』参戦。開幕戦には35台のR5カーが集結

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月22~24日に伝統のポルトガル領アゾレス諸島で幕を明けるERCヨーロッパ・ラリー選手権のオープニングラウンドに、トップカテゴリーであるR5規定車両が全体で35台という記録的なエントリーを集まることが分かった。また今季から本格デリバリーが開始される新型R5マシン『シトロエンC3 R5』がシーズン中にも競技デビューを果たすことがアナウンスされている。

 2018年ERC開幕戦の舞台となるのは、例年通り大西洋に浮かぶ島しょ部で最大級の面積を誇るサンミゲル島で開催されるアゾレス・エアライン・ラリー。2015年に半世紀の歴史を迎えたこの伝統のイベントでは、緑豊かな田園地帯と海岸沿いに切り立つ壮大な風景が続くステージ群が設定され、火山性で砂のように細かなサーフェスと、アンジュレーションの激しいグラベルワインディングが特徴となる。

    待望のMQB採用、第6世代『フォルクスワーゲン・ポロ』の先行受注が開始

 また、島の天候は変わりやすく、快晴から急な霧雨・濃霧によりセットアップやタイヤチョイス、視界不良時にはペースノートの正確性が試される難関イベントでもある。

 その開幕戦には、昨季のバウム・チェコ・ラリー・ズリンの37台に次ぐ、35台という記録的なR5カーのエントラントが集結。そのうち12台がERCジュニアU28、11台が同U27カテゴリー登録でのエントリーとなるなど、WRC世界ラリー選手権への登竜門として数多くの若手ドライバーが集結した。

 そんな若手からのチャレンジを受ける主要エントラントには、2017年のシリーズランキング2位で、昨年の開幕戦アゾレスを制した地元の英雄ブルーノ・マガラエスがシュコダ・ファビアR5でエントリー。

 こちらもトップランナーで昨年のクラッシュによる大怪我から復帰した“ロシアン・ロケット”ことアレクセイ・ルカヤナクも引き続きフォード・フィエスタR5で参戦する。

 さらに、昨季のジュニアU28部門を制したドイツ人、マリアン・グリーベルが晴れてERCトップカテゴリーに昇格。今季からプジョー208 T16でシーズンフル参戦を果たす。

 またU28、U27には昨年も同カテゴリーで活躍した有望株が揃い、ドイツ自動車連盟ADACの支援を受けオペル・アダムR2をドライブしたイギリス人のクリス・イングラムがシュコダ・ファビアR5でU28カテゴリーへ。同じくオペルでERCレディス・トロフィーを勝ち取ったレッドブル支援のタマラ・モリナーロがフォード・フィエスタR5にスイッチし、こちらもU28とレディス・トロフィーの両選手権登録でシーズンを戦うことが決まっている。
 その他、BRCイギリス・ラリー選手権でトップランナーとして戦ってきたリース・イエーツも、ERCのジュニアU28登録を行い、シュコダ・ファビアR5で開幕戦を含む数戦のイベントにエントリーすることを表明している。

 そして今季開幕戦以降まだ参戦イベントは明かされていないものの、フランスのトップチームとしてラリーや耐久レースでも活躍するSaintéloc Racing(サンテロック・レーシング)が、昨季より開発作業が続けられているブランニューモデル、『シトロエンC3 R5』をERCに投入することをアナウンス。

 これまでもシトロエンやプジョーといったPSAとの協力関係を築いてきたサンテロックは、FIAホモローゲーション取得予定の6月以降、シリーズへの投入を予定している。

 開幕戦にはジュニアチームとしてR2規定のプジョー208を持ち込み、シモン・ワグナーと、昨季モリナーロとERCレディス・トロフィーを争ったケイティー・ミュニングスの2台体制で挑むサンテロックだが、「我々はPSAとの信頼関係に基づき、シトロエンC3 R5の性能に自信を持っている」と、ラリーマネージャーのビンセント・デュシュもこの新型モデルに期待を寄せている。

「このマシンはR5規定全体の基準になる性能を秘めており、我々としてもFIAホモロゲの取得以降速やかにERCや国内外の選手権に投入したいと考えている」

 これまでSaintélocは2011年シーズンよりプジョー207S2000や208 T16、シトロエンDS3 R5などPSAの主力モデルを走らせてきた経験を持ち、今季もジュニアU28に"プジョー・ラリー・アカデミー"として参戦するペリエ・ロランのオペレーション部隊としても活動している。

 ホモロゲーション取得が待たれるこの『シトロエンC3 R5』は、Saintéloc卒業生のクレイグ・ブリーンやステファン・ルフェーブルといった若手有力ドライバーが昨季後半から開発テストを重ねており、早ければ第4戦キプロス、または第5戦のターマック・イベントであるラリー・デ・ローマ・キャピタルでの投入が予定されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します