現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:レクサス陣営が期待寄せる新人ローゼンクビスト、唯一の死角は“座高の違い”

ここから本文です
スポーツ 2018.3.22

スーパーGT:レクサス陣営が期待寄せる新人ローゼンクビスト、唯一の死角は“座高の違い”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のスーパーGT500クラスにLEXUS TEAM LEMANS WAKO'Sから参戦する新人フェリックス・ローゼンクビスト。並行して参戦するABBフォーミュラE選手権との兼ね合いから、スーパーGTルーキードライバーとしては走行時間が極めて限られている状況だが、パートナーの大嶋和也やチーム、TRDからの信頼は厚い。

 2017年、全日本スーパーフォーミュラ選手権へ参戦する形で日本レースデビューを果たしたローゼンクビスト。スーパーフォーミュラデビューイヤーは優勝こそなかったものの、第3戦富士、第5戦オートポリスで2位表彰台を獲得し、ドライバーズランキング3位につけ、存在感を発揮した。

    スーパーGT500クラスの過熱するエンジンウォーズ。秘密兵器プレチャンバー開発のF1と異なる難しさ

 迎える2018年、ローゼンクビストは脇阪寿一監督率いるLEXUS TEAM LEMANS WAKO'Sに加入。大嶋とともにWAKO'S 4CR LC500をドライブする。

 そんなレクサス陣営のなかで、ローゼンクビストに対する期待の声がものすごい。上述のとおり、今季からWAKO'S LC500をドライブするルーキーだが、チームもTRDも超即戦力として考えている。

 ヘイキ・コバライネン(DENSO KOBELCO SARD LC500)でさえデビューイヤーは習熟に費やしたし、今季参戦のジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT)もせっせと周回を重ねている。元F1クラスでもGT500マシンはそう簡単には乗りこなせない。

 しかし、ローゼンクビストは、スケジュールが合わずテスト参加は誰よりも少ない。だが、彼には関係ないようだ。相棒の大嶋も「めっちゃ器用」と信頼を寄せている。

「今年の注目は6号車ですよ。フェリックスなら、たとえ履いたことのないタイヤで『レース距離の3分の2を走ってくれ』って言われても、あいつならやってしまうと思います」とは、あるTRDのスタッフ。それほどクレバーで仕事の完遂能力に長けているという。

 ただし、死角がないわけではない。大嶋は言う。

「前回の鈴鹿テストの最後に、『このシートは低すぎ』って言って帰って行った。でも彼に合わせるとオレ、すげー高いんだけど(笑)。あと1回しかテストする機会ないのに、どうするんだろ」

 開幕戦はローゼンクビストの走りに注目、の前に、WAKO'Sのシートの高さに注目だ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します