現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲン 中国で電気自動車の年産60万台体制スタート

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上海汽車・フォルクスワーゲン(SAICフォルクスワーゲン)は2019年11月8日、合弁会社の新たな工場が安亭(アンチン)に完成したと発表した。この新工場はフォルクスワーゲンのモジュラー電気駆動マトリックス(MEB)により電気自動車を生産するため作られている。

2028年までに1100万台以上を中国で生産

    クルマと過ごす日々vol.64

そしてこの新工場では、最初の中国専用電気自動車の先行(パイロット)生産モデルがラインから送り出され、これを記念して式典が行なわれた。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zrl*****|2019/11/11 22:12

    違反報告

    ホントに年間60万台も作るの?

    これをもしマツダに置き換えたら、年間総生産台数の約半分は電気自動車になるっていうことだけど

    これは次世代モビリティ分野で、日本車は一気に置いてけぼり食らうんじゃないの?
  • vn3*****|2019/11/11 23:54

    違反報告

    そんなことより日本市場のラインナップ増やせよ。

    パサートは本国でマイナーチェンジしてるし、T-ROCだってもう相当経つよ?
    T-ROCより後発のT-CROSSが先に導入って、、
    アルテオンは生産終了だろ?

    日本市場撤退ですか?
    マーケティングが下手すぎ。

    待ってくれてるファンに失礼だよ。
  • bre*****|2019/11/11 20:42

    違反報告

    トヨタにも言えることですが、EVのための電力供給源として原発作って事故って放射性物質が偏西風に乗って…だけは絶対にやめて下さい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン