現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フルオプションで4000万円オーバー! ダラーラ・ストラダーレは究極のロードカーだった

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■サーキット走行重視派のスーパーカーオーナーにはバーゲンプライスのリアルスポーツカー

 フルカーボンのボディパネル、巨大なGTウイング、そしてガルウイングのドア、どこから見てもスーパーカーの出で立ちをしたクルマが、東京モーターショー2019の東京ビッグサイト南展示棟に展示されました。
  
 このクルマは、ランボルギーニ「ミウラ」をはじめとする創設期のランボルギーニのクルマや、ランチア「ストラトス」、BMW「M1」などの開発に携わったジャンパオロ・ダラーラ氏が自社で作ったロードカー、「ダラーラ・ストラダーレ」です。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2019/11/06 22:43

    違反報告

    昨日TVを見ていたら『錦鯉』のセリがあり、中国人が爆買いしているというのをやっていたが、その価格、なんと一匹一千万円超! 中には1億円を超す個体もあったが、最近それは突然死したんだとか。

    例えば一部の美術品の様に、寝かしておいても価値が上がるモノならいざ知らず、おそらく死んでしまったらその価値はほぼ無くなると思われる錦鯉。そんなものに大枚をはたくことに比べれば、この『ダラーラ』につぎ込む4千万円は、実に常識的で健全に見えるなぁ、と、思った次第・・・・・
  • hdj*****|2019/11/06 19:19

    違反報告

    ロードカーならV6かV8にして余裕をもってパワーを出したほうがいいんじゃないかなー

    レースカーならこのパッケージでも良い気がするけど…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン