現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ S60が3代目にフルモデルチェンジ。T8ポールスターエンジニアードも限定車で登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6

ボルボ S60が3代目にフルモデルチェンジ。T8ポールスターエンジニアードも限定車で登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月5日、ボルボ・カー・ジャパンがミドルサイズセダンの新型S60(Volvo S60)を発表、発売した。また、これと同時に特別仕様の「S60 T8 ポールスターエンジニアード」も30台限定で発売。(タイトル写真、手前がS60 T8 ポールスターエンジニアード、奥がS60 T5 インスクリプション)

ボルボ新型S60は、機械式駐車場の利用も考慮した全幅1850mm
ボルボ S60が3代目にフルモデルチェンジをして発売された。

    【東京モーターショー】ダイハツのブースに市販予定のコンパクトSUVがサプライズ出展!

かつてボルボブランドではフラグシップのS80からコンパクトサイズのS40まで、いくつもセダンを用意していたものの、日本市場では現在ミドルサイズのS60のみのラインアップとなっている。欧州やアメリカ市場などに展開しているフラグシップS90は、日本デビュー時に台数限定で登場しただけで、その後は追加販売されていない。

つまり、近年人気の北欧ブランドでセダンを選ぶなら「S60」一択ということになる。

この新型セダン、近年珍しくダウンサイズを図ったモデルだ。日本市場での使い勝手も考慮した開発が行われて、従来モデルより全幅を15mmを狭めて、1850mmに抑えられている。この数値、日本の機械式駐車場の主流となっているサイズ制限に収まるラインなのだ。

全長は逆に125mm延伸されて4760mmに、全高は45mm低めて1435mmと、全体としてはスポーティで伸びやかなシルエットになったと言える。

またインテリアには、上級モデルの90シリーズと同等のマッサージやベンチレーション機能といった持つフロントシートを採用、また好評のスカンジナビアデザインのデザインなど、プレミアム感を演出する仕上がりとなっている。

驚くべきスピードで進化するボルボの先進安全運転支援システム「IntelliSafe(インテリセーフ)」も、全グレードに標準装備する。その中のCity Safety(衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム)には、新型V60から新たに導入された「対向車対応機能」を搭載。多くの死亡事故の要因となっている対向車との衝突被害を回避/軽減する機能である。

パワートレーンはガソリンエンジンとプラグインハイブリッド(PHEV)で3種類ある。190ps/300Nmを発生する2L直4ターボが「T4」グレードに、254ps/350Nmの2L直4ターボが「T5」グレードに搭載、いずれも8速ATが組み合わされて前輪駆動(FF)となる。PHEVの「T6」グレードには、253ps/350Nmの2L直4ターボ+スーパーチャージャーにモーターが組み合わされて搭載。エンジンで前輪を、240Nmを発生するモーターで後輪を駆動する電気式4WDだ。モーターだけで走行するEVモード「ピュアモード」で48.2km(国土交通省審査値)を走行可能としている。

この新型S60と同時に、特別限定車「S60 T8 ポールスターエンジニアード」も30台限定で発売された。その名のとおり、ポールスターがチューニングしているハイパフォーマンスコンプリートモデルで、2Lターボ+スーパーチャージャーにモーターを組み合わせたT8パワートレーンをさらにパワーアップ。420ps(参考数値・333ps/430Nm+87ps/240Nm)を発生、0→100km/h加速は4.3秒を記録したという。

そのほかにも、専用のスポーツシートやハンドル、オーリンズ製DFVショックアブソーバー(22段階調整)やポールスターエンジニアード/ブレンボ製フロントブレーキ(371mm/6ピストン)などを採用し、個性的なスポーツグレードとなる。

限定車ボルボ S60 T8 ポールスターエンジニアード 特別装備
■エクステリア
・専用フロントグリル
・専用フロントバンパー
・専用リアバンパー
・専用エンドパイプ(ブラッククローム仕上げ、ロゴ入り)
・専用グロッシーブラック仕上げサイドウインドーフレーム
・専用ブラックカラー・ドアミラーカバー
■インテリア
・専用オープングリッドテキスタイル/ナッパレザーコンビネーションスポーツシート
・専用ゴールドカラーシートベルト
・メタルメッシュアルミニウムパネル
・本革/シルクメタルスポーツステアリングホイール
・スポーツペダル
・専用本革巻シフトノブ
・専用フロアマット
・テイラードダッシュボード
・チャコールカラールーフライニング
■専用装備
・パドルシフト
・ステアリングホイールヒーター
・チルトアップ機構付電動パノラマガラスサンルーフ
・専用デザイン19インチ鍛造アルミホイール(8.0J×19)タイヤサイズ235/40R19
・ブレンボ製フロントブレーキ(371mm/6ピストン)システム
・ゴールドカラーブレーキキャリパー(フロント/リア)
・フロント/リアサスペンション:オーリンズデュアルフローバルブショックアブソーバー(22段階調整)、強化フロントスプリング、強化リアリーフスプリング
・ストラットタワーバー

新型ボルボ S60 車両価格
T4モメンタム(2L直4ターボ/FF):489万円
T5インスクリプション(2L直4ターボ/FF):614万円
T6 ツインエンジン AWD インスクリプション(2L直4ターボ+スーパーチャージャー/4WD):779万円
T8 ポールスターエンジニアード(2L直4ターボ+スーパーチャージャー/4WD):919万円(限定車)

[ アルバム : ボルボの新型S60 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します