現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MVX250FやCB1100F、ジャイロXなど個性的なバイクが登場!【日本バイク100年史 Vol.029】(1982-1983年)<Webアルバム>

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.3

MVX250FやCB1100F、ジャイロXなど個性的なバイクが登場!【日本バイク100年史 Vol.029】(1982-1983年)<Webアルバム>

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ホンダジャイロX 1982 年10 月
前年のストリームに続く、ホンダの3輪スクーターの第2弾で、3輪の安定性とスクーターの機動力を兼ね備えた実用車として開発された。雪道や不整地での走破性を高めるノンスリップデフをはじめ、防風効果の高いウインドシールド、荷物を積みやすいフロントデッキとキャリアなどを備える。

    4気筒250cc復活!カワサキ「Ninja ZX-25R」を解説!

ホンダ リード125 1982 年10月
リードシリーズの最上位機種として登場。新設計の5ポート式シリンダーを採用して最高出力10PSをマークする125ccの空冷2ストエンジンに、トルクセンサー付きVマチックを組み合わせて軽快な走りを可能とした。前後サスは油圧ダンパー、ホイールはキャスト、タコメーターまで備えるなど、装備もスポーティだった。

ホンダ MVX250F 1983 年1月
GPレーサーNS500のテクノロジーを満載したスプリンター。前バンク2気筒、後ろバンク1気筒のレイアウトとなる90度V3は3連装のフラットバルブキャブレターと中央シリンダーを後方排気とする3本マフラーを装着。足まわりはセミエアのフロントフォークにプロリンクの組み合わせとなっている。

ホンダ CB1100F 1983 年
CB900FをベースにCB1100Rの1062ccエンジンを搭載し、同時にフレームや足まわりも強化。大型オイルクーラーやダブルTRAC付き2ポットキャリパーブレーキ、フロントフォークのスタビなどで武装され、CB-F系のトップを意味する「スーパーボルドール」というペットネームが与えられた。

ヤマハ XJ900 1983 年
XJ750EIIの兄弟モデルで、YICS採用のエンジンはリッター113PS以上のハイチューン。シルバーのエンジンとマフラー形状が外観の特徴。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
【ニッポンのバイク112年歴史】月刊オートバイの「バックナンバー」はこちら!

オートバイ 2019年2月号 [雑誌]
オートバイ 2019年2月号 [雑誌]
posted with amazlet at 19.10.29

モーターマガジン社 (2018-12-28)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します