現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW「8シリーズ グランクーペ」登場! 新ラインナップとなる最高級4ドアクーペ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

BMW「8シリーズ グランクーペ」登場! 新ラインナップとなる最高級4ドアクーペ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■BMWの最上級ラグジュアリー4ドアモデルが日本上陸

 ビー・エム・ダブリューは、新型BMW「8シリーズ グランクーペ」を発表、2019年10月25日に発売しました。

    なぜ高級セダンはベンツやBMWばかり人気? 国産セダンが敵わない理由とは

 8シリーズ グランクーペは、ボディ骨格の内部(センタートンネル)にカーボン素材を用いる「カーボンコア構造」を使用、車体剛性を大幅に高めることで、8シリーズクーペに対して205mm長い3025mmのホイールベースを実現しています。これにより、クーペモデルとは感じられないほどの広々とした室内空間を確保しました。

 また後席の頭上空間を確保しながら、ルーフ後端からCピラー、リアフェンダーにかけて絞り込まれており、くびれが美しい洗練されたスタイルを演出する、独自のノッチバックスタイルを実現しています。

 またスタイリングだけでなく、室内の遮音性や快適性も高めています。ドイツ・ディンゴルフィン工場で生産される8シリーズ グランクーペは、このリアの美しいラインを表現するために6回もプレス作業がされるそうです。

 530馬力/750Nmを発生する4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する「M850i xDrive グランクーペ」、3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した「840d xDriveグランクーペ」、そして3リッター直列6気筒ターボエンジン搭載の「840iグランクーペ」の3種類のパワートレインを用意。840iグランクーペは現行8シリーズ初となるリア駆動(FR)方式を採用しています。

 サスペンションは8シリーズグランクーペ専用設計となっており、8シリーズクーペに対してリアトレッドを30mm拡大しています。

 さらに8シリーズクーペに採用された、フロントホイールの切れ角を車速に応じて可変制御するアクティブステアリングに、リアホイールのステアリング機能(4WS)を組み合わせたシステム「インテグレイテッド・アクティブステアリング」や、「アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル」を採用(M850i xDriveに標準装備、その他はオプション)することで、ロングホイールベース化に対しても妥協せずBMW最上級クーペらしい「駆けぬける歓び」を実現しています。

 車両価格は840iグランクーペが1152万円(消費税込、以下同様)、840iグランクーペMスポーツが1298万円、840d xDriveグランクーペが1226万円、840d xDriveグランクーペMスポーツが1372万円、M850i xDriveグランクーペが1715万円です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します