現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CB750F、Z750FX、GS750G!俺たちのナナハン対決【日本バイク100年史 Vol.18】(1979年)<Webアルバム>

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.23

CB750F、Z750FX、GS750G!俺たちのナナハン対決【日本バイク100年史 Vol.18】(1979年)<Webアルバム>

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

カワサキ Z400FX[E1] 1979 年 4月
CB400FOURが77年に姿を消して以来、400cc4気筒を望む声は根強くあったが、そのニーズに応えたのがZ400FX。直線基調の大柄なボディにクラス唯一のDOHCマルチの搭載で空前のヒットとなった。43PSを発揮するエンジン特性は、素直なハンドリング特性との相性も良く、市街地からワインディングまで走りを楽しめた。

    平嶋夏海のスズキKATANA試乗レポート!

ホンダ CB750F[FZ] 1979 年 6月
CB750FOURの後継として、強力なライバルに対抗すべく投入されたのがCB750F。セパレートハンドル、トリプルディスクブレーキ、アジャスタブルショックを装備し、デビューするや国内750クラスの販売記録を塗りかえる爆発的なヒットとなった。エンジンはCB900Fベースで、輸出モデルでは79馬力を発揮した。

カワサキ Z750FX 1979 年10月
この初代Z750FXは、いわば国内版Z1000-Mk.IIとして登場したモデルで、エンジン・車体はZ750[D1]と共通なものとなっている。この79年型ではシフト機構の改良、フルトラ点火とチューブレスタイヤの採用で、熟成されたメカニズムの完成度がさらにアップされている。

ヤマハ SR400SP 1979 年11月
前年に登場したSR400の前後スポークホイールを7本スポークデザインのキャストホイールに変更、タイヤもチューブレスタイプを装着。SR500と同じテールカウル付きシートも装着し、タンデムグリップも標準装備とされた。エンジンなどのスペックは従来のモデルと変わっていない。

スズキ GS400E-II 1979 年 4月
GS400Eをベースにキャブとバルブタイミングを変更。2馬力アップした2代目。エアクリーナーとマフラー構造も静粛性アップのため改良された。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
【ニッポンのバイク112年歴史】月刊オートバイの「バックナンバー」はこちら!

オートバイ 2019年2月号 [雑誌]
オートバイ 2019年2月号 [雑誌]
posted with amazlet at 19.10.18

モーターマガジン社 (2018-12-28)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します