現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > C36の再来!? メルセデスAMG A35 4マティック セダン登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.23

C36の再来!? メルセデスAMG A35 4マティック セダン登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスとAMG初の共同開発モデルは初代Cクラスをもとにした「C36」だった。1993年にデビューしたこのコンパクトなC36は、チューニングを施した足まわりやハイパワー・エンジンを搭載し、本国をはじめわが国でもヒットした。

そんなかつてのC36を彷彿とさせるモデルが「A35 4マティック セダン」である。この日本仕様が10月23日に発表された。

    こんなキュートなEVなら乗ってもいい!? スマートEQ日本初上陸

Archivnummer: SSPIP96343A35 4マティック セダンのエクステリアは、メルセデスAMG専用デザインのパーツを多数装着。MOMercedes-Benz C 36 AMG (1993)Mercedes-Benz C 36 AMG (1993)初代Cクラスに設定された「C36」。Daimler AGC 36 AMGnull本国仕様のインテリア。日本仕様は、エアコンがオートタイプに変更されるなど快適性をさらに高めていた。Daimler AG - Global Communications Mercedes-Benz Cars全長×全幅×全高は4549mm×1796mm×1446mmと、かつてのC36(全長×全幅×全高=4495mm×1770mm×1390mm)よりわずかに大きいが、搭載する2.0リッター直列4気筒ガソリンターボ・エンジン「M260」は、306psの最高出力と400Nmの最大トルクを発揮する。ちなみに、C36は、3.6リッター直列6気筒ガソリンNAで、最高出力は280ps、最大トルクは384Nmだった。

トランスミッションはA35 4マティック セダンがデュアル・クラッチ・タイプの7DECTに対し、C36は4AT。駆動方式も異なり、C36がFR(後輪駆動)だったのに対し、A35 4マティック セダンは4WDである。

Archivnummer: SSPIP90856A35 4マティック セダンの搭載エンジンは、2.0リッター直列4気筒ガソリンターボ・エンジン「M260」。最高出力は306ps、最大トルクは400Nm。Erstes Gemeinschaftsprojekt von Mercedes-Benz und AMG: Premiere für den starken C von AMG vor 25 JahrenFirst joint project between Mercedes-Benz and AMG: Premiere for the powerful C from AMG 25 years agoC36の搭載エンジンは、3.6リッター直列6気筒ガソリンNA・エンジン。最高出力280ps、最大トルク384Nm。Daimler AGA35 4マティック セダンが搭載する電子制御式4WDシステムは、トルク可変配分タイプ。トルクのは、フロント:リア 100:0から50:50までの範囲で前後に配分される。

トルク配分をするのは、リアアスクルに内蔵する多板クラッチ。車速、横方向および前後方向加速度、舵角、各ホイール間の回転速度差、ギアポジションなどから、瞬時に適切なトルクを前後に配分するという。

多板クラッチの制御は、一般的な電気油圧システムではなく電気機械制御式を採用する。メディア向け資料には「(電気油圧システムに比べ)よりシャープなドライビングダイナミクスが得られます」とある。

Archivnummer: SSPIP90858A35 4マティック セダンのトランスミッションは、デュアル・クラッチタイプの7DCT。Archivnummer: SSPIP90852サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式。C36より約300万円も安い!内外装は、メルセデスAMGデザインの専用パーツが特徴だ。エクステリアは、専用デザインのフロントグリルやトランクリッド・スポイラー、大型リアディフューザーなどを装着する。

インテリアは、専用デザインのメーターパネルやヘッドレスト一体型のセミバケットシートが目立つ。オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着した場合、レザーと人工皮革を使った「AMGパフォーマンスステアリング」(走行モード切り替えスウィッチ付き)や、よりサイドサポート性能を高めた「AMG パフォーマンスシート」になる。

Archivnummer: SSPIP91886エクステリアとおなじくインテリアも、AMG専用デザインのパーツを多数装着。ラゲッジルーム容量は通常時420リッターを確保。リアシートのバックレストは40:20:40の分割可倒式だから、いざというときは長尺物も積める。

Aクラス セダン同様、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクリペエンス)」を搭載。AI(人工知能)と対話することで、エアコン操作(温度や風量調整など)やナビゲーション機能(目的地の設定など)が簡単にできる。ステレオカメラとレーダーと使った先進安全装備群「レーダーセーフティパッケージ」も標準で、衝突軽減ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKA(レーン・キーピング・アシスト)などを搭載する。

2019 Mercedes-AMG A-Class V177 Launch Image RGBA Class sedan V177 35, exterior 3/4 Front, A Class Limousine V177 35, lifestyle shot with car, – Photography Image rights- 3 years, worldwide, all mediaMO価格は638万円。C36の新車当時(1994年)の価格は930万円(税別)。パワー、居住性、快適&安全装備など、あらゆる部分がC36よりうわまわるのに、約300万円も安い。

時代やもとになるモデルの駆動方式などが異なるため(Aクラスは前輪駆動、Cクラスは後輪駆動)、単純な比較こそ出来ないが、もしかするとA35 4マティック セダンはかなり“お買い得”な1台かもしれない。

文・稲垣邦康(GQ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します