現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 開幕まであと7日! 東京モーターショー2019の「新しい楽しみかた」とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18

開幕まであと7日! 東京モーターショー2019の「新しい楽しみかた」とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■すでに65年の歴史がある東京モーターショー

 待ちに待った「東京モーターショー2019」がいよいよ開幕します。じつは今回のショーは、前回までとは開催スタイルが大きく変わり、いままでにはない「面白さ」が用意されています。

    ホンダ新型「アコード」ちょいワルセダンにフルモデルチェンジ! 2020年初めに国内発売へ

 ではどこがどう変わったのか? その前に、東京モーターショーの歩みを簡単に振り返ってみましょう。

 いまをさかのぼること65年前の1954年、東京・日比谷公園で開催された「全日本自動車ショウ」が、東京モーターショーの原点です。東京モーターショー公式サイトによると、このショーでは267台が出展されましたが、乗用車はそのうちわずか17台だったとのこと。しかし10日間の会期で54万7000人が来場したそうです。

 1959年の第6回には会場を晴海に移し、1964年の第11回にイベント名称を「東京モーターショー」に改称します。

 その後、オイルショックにともなう中止、隔年開催への移行や千葉・幕張メッセでの開催、乗用車・商用車分離開催などを経て、2011年の第42回に東京ビッグサイトへ開催地を移します。そして今回、第46回目を迎えることになるのです。

 さて、今開催における最大の変化は、会場が大きく広がったことです。

 これまで東京モーターショーは、ビッグサイト全展示棟を使っておこなわれていました。しかしビッグサイトに2020年に開催される「東京オリンピック」の国際放送センター、メディアプレスセンターが設営される関係で、利用できるエリアが限られることになりました。

 そこで今回は、会場をビッグサイトの「西/南展示棟」と隣接する「TFTビル横駐車場」で構成される「有明エリア」と、仮設の「東京ビッグサイト青海展示棟」およびトヨタの施設「MEGA WEB」で構成される「青海エリア」のふたつに分け、開催することになったのです。

 このふたつのエリアは無料シャトルバスで行き来できるほか、エリア同士を結ぶ遊歩道「シンボルプロムナード公園」も「オープンロード」として、会場の一部となります。

■今回のモーターショーは2会場で開催 体験型プログラムも多数

 ではそれぞれのエリアでどのような展示が楽しめるのか、見ていきましょう。

 有明エリアの「南展示棟」には、マツダ、レクサス、アルピナ、メルセデス・ベンツ、スマートが出展します。「西展示棟」にはスズキ、日産、ホンダ、三菱、ルノー、そして国産二輪メーカーが出展します。「TFT横駐車場」は「ドライブパーク」として四輪・二輪の試乗体験、デモランなどのプログラムが用意されています。

 青海エリアの「青海展示棟」にはスバル、ダイハツ、トヨタが出展。「MEGA WEB」は「FUTURE EXPO」と題し、業界の垣根を越えた61の企業や団体が出展、最新テクノロジーやサービスの展示が無料で楽しめます。

 そして「オープンロード」では最新の小型モビリティに試乗できるプログラムが用意されます。こちらも、見学のみは無料です。

 開会式は2019年10月24日(木)におこなわれ、当日はオフィシャルデーおよび特別招待日となっています。

 翌10月25日(金)の9時から14時は専用の入場券を購入した人向けのプレビューデー、同日14時以降、会期が終了する11月4日(祝)までの11日間が一般公開日です。前回の「東京モーターショー2017」の一般公開日は9日間だったので、今回は2日間増えたことになります。

 入場券は「プレビューデー入場券」が3800円で、2万5000枚の限定発売。一般公開日の「当日入場券」は2000円で、今回から高校生も無料となりました(要学生証提示)。開会当日の10月24日までは「前売入場券」も1800円で販売されています。

 さらにオトクな入場券も用意されています。一般公開日のうち好きな2日間に使える「2DAYパス」は3500円、一般公開日に何度でも入場できる「通期パス」は6000円、16時以降に使える「アフター4入場券」は1000円で、それぞれ購入可能です。

 ちなみに開場時間は、10月26日と10月28日から11月2日までが10時から20時、10月27日と11月3日、4日が10時から18時となっています。「アフター4入場券」は、20時まで会場している日を狙ったほうがお得です。

 また「プラスの楽しみ」を付加した入場券も用意されています。

「こども向けの職業体験『Out of KidZania in TMS2019』参加券付き入場券」は、こども向け職業体験施設「キッザニア」とコラボしたもので、モーターショーの「入場券」と「参加券」がセットで1800円(プレビューデーは3800円)です。

 モーターショー会場に「こどもが働く街」が出現、トヨタブースでは「月面探査車プログラミングをするエンジニアの仕事」「クルマを組み立てるメカニックの仕事」、ホンダブースでは「レーシングドライバーの仕事」、マツダブースで「金型磨き職人の仕事」、KDDIブースで「遠隔操作による災害復旧の仕事」などなど、さまざまな職業を体験することができます。

「自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー『AJAJガイドツアー』参加券付き入場券」は、2800円(プレビューデーは4500円)。日本自動車ジャーナリスト(AJAJ)会員が、120分のツアーを通じ専門家の視点でモーターショーとクルマの魅力をガイドします。

 海外メーカーの多くが出展を見送るなど、ネガティブなニュースが強調される今回の東京モーターショーですが、長くなった日程、広がった会場での楽しみかたは「2DAYパスで広い会場を2日間楽しむ」「昼間は無料エリアで楽しんで、人が少なくなってきてからアフター4入場券を利用する」など、これまでとはちょっと違ったものになりそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2019/10/18 21:11

    違反報告

    >>「新しい楽しみかた」とは

    長くなった日程にもかかわらず、どれだけ前回の「入場者数」と「売り上げ」を下回るか・・・
    外野の楽しみは、コレに付きる!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します