現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜトヨタは華あるF1ではなくラリー参戦? 苦戦続いた欧州市場も好調な理由に「WRC」?

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.23

なぜトヨタは華あるF1ではなくラリー参戦? 苦戦続いた欧州市場も好調な理由に「WRC」?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■トヨタがヨーロッパ市場「一人勝ち」の要因とは

 ヨーロッパ市場で日本車勢が軒並み大苦戦しています。ホンダやスバルなど、撤退した方がいいんじゃないかと思えるくらい厳しいです。そんな状況のなか、一人勝ち状態なのはトヨタです。なぜトヨタはヨーロッパ市場で好調なのでしょうか。

    「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

 たとえば、イギリス市場における2019年1月から8月までの販売台数と、昨年2018年1月から8月までの販売台数を比べると、全体で-3.4%になります。イギリスはやや景気悪いです。

 フォードやアウディなども、前年より10%近く販売台数を落としています。日産も-10%。ホンダなど-17%というから厳しい状況です。そんななか、トヨタは+3.6%と販売台数を伸ばしてます。

 フランスも全体で3%の減少になっており、日産は-44%の一方、トヨタは6.2%のプラス。ヨーロッパ全域でトヨタがシェアを伸ばしているという感じです。

 このような状況について、ヨーロッパのメディアやジャーナリスト達に聞くと「WRC(世界ラリー選手権)で存在感を見せているからでしょうね」と口を揃えていいます。

 以前から「ヨーロッパで大衆車を売るなら、売っているクルマでラリーに出場して、性能をアピールしなければダメ」といわれてきました。考えてみれば、日本車も以前はヨーロッパ進出にあたりラリーを重視していたと思います。

 日産や三菱は、早い時期からサファリラリーに出場していたうえ、トヨタも2代目「カローラ」の時代にヨーロッパでラリー活動を始めました。スバルがヨーロッパで驚くほど売れたのは、1990年代にWRCで勝ちまくったからです。

 WRCを含めラリーは基本的に市販車両で競う競技のため、強ければ「良いクルマ」というイメージを作れます。

 F1やル・マン耐久レースといったレース専用車両でおこなわれる競技もブランドイメージを作れますが、どちらかといえば高額ブランドの技術勝負のようなものです。F1の技術を使ったクルマを買えるワケではありません。

 またF1を見に行こうとしても入場券が高く、気軽には見られない。普通のクルマを売ろうとしたらWRCなんだと思います。

■F1からWRCへ トヨタがモータースポーツ活動の方針を大転換した訳とは?

 なぜトヨタは、F1でなくWRCに復帰したのでしょうか。それは、豊田章男社長の「肌感覚」だと思います。

 それまではレース派だった章男社長がラリーと出会ったのは2012年5月のことです。

 メガウェブでおこなわれていた雑誌のイベント中、トヨタ「86」で全日本ラリーに出ている勝田範彦選手の隣に乗る機会がありました。すると勝田選手、スピンターンを含め、遠慮なく章男社長を振り回します。

 降りてきて、驚いているかと思いきや「運転してみてもいいですか」。これには観客を含め一同びっくりしました。一番驚いたのはトヨタ関係者です。

 以後、ラリー車に乗る機会や、ラリー車でコースを走ることになり、やがて「もっと良いクルマを作るためWRCに出よう」「道がクルマを鍛える」というコメントも章男社長から出てきます。

 確かに、WRCはさまざまな舗装路から砂利道、雪道に至るまで、一般道をコースとして速さや強さを競います。結果的に良いクルマが作れるという判断をしたのでしょう。

 加えてヨーロッパでは観客も無料で競技を楽しめるため、ブランドイメージだって構築できます。ヨーロッパでは、もっともラリー人気が低いといわれるドイツですら、驚くほどたくさんの観客が集まります。

 このような状況を章男社長は総合して判断したと聞きました。WRCを見たことの無いほかの自動車メーカーのTOPだと、理解することすら出来ないでしょう。

 興味深いことに、WRCへの復帰を表明した2015年から、早くもヨーロッパにおけるトヨタの販売台数が上向きになります。ただ、長いブランクを埋めるのは容易ではなかったようです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 国沢光宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zfo*****|2019/09/23 10:38

    違反報告

    F1に参戦してた時にF1の政治に呆れたのが撤退の理由。今後二度と参戦しないと当時語ってるよね。
  • bg8*****|2019/09/23 11:06

    違反報告

    ある意味で市販車に近い車で争うカテゴリーの方が、量産車に対する技術力の指標になりやすい!
    WRCもグループAで行われていた時代は日本車の天下だった訳で…(笑)
    特にメーカーのワークス活動は自社の広告活動な訳だから、参戦費用=広告費用と思えば広告効果の高いカテゴリーを選ぶのは当然!
    結果を出す事が前提だけど、それだけに説得力のある広告活動にはなる!
  • sat*****|2019/09/23 10:33

    違反報告

    箱車の方がまだ市販車技術を試せるし、今F1やっても得られるの少なさそうだし、なんならWECのTS050で十分だと思う。空力、ハイブリッド…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します