現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これがメーカー純正とは思えない! N-BOXスラッシュのこだわりがすごすぎる!

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.18

これがメーカー純正とは思えない! N-BOXスラッシュのこだわりがすごすぎる!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大ヒットモデルの派生版ホンダ N-BOXスラッシュ

今、日本で売れに売れまくっているホンダ N-BOX。

    ホンダのファンキーな軽自動車「N-BOX スラッシュ」がマイナーチェンジ

普通車では日産 ノートが販売好調といわれていますが、ノートが月に1万台前後売れているのに対し、N-BOXは2万台前後と実は倍以上売れている計算になります。

もちろん自動車としての完成度の高さはもちろんですが、もはや普通車と遜色のない装備や質感など、普通車、軽自動車の枠を超えて評価されていると言えるでしょう。

そんな実用的なN-BOXシリーズの中にあって、遊び心のカタマリと言っても過言ではないモデルが今回ご紹介するN-BOXスラッシュです。

ベースとなったのは先代モデルのN-BOXですが、もともと初代N-BOXの評価がズバ抜けて高いため、今でも中古車市場で引っ張りだこなのはご存じのとおり。

そんな先代N-BOXのルーフを10cmもカットし、リアのスライドドアもヒンジドアに変更。さらにリアウインドウ後端をせり上げてドアノブを目立たない位置に配したクーペ風スタイルとしたのが最大の特徴です。

いわゆる「チョップトップ」や「チョップドルーフ」とも呼ばれる、ルーフ部分を切り詰めて(正確にはピラー部分)全高を下げるカスタマイズはローライダー系でおなじみの手法ですが、まさかそれをメーカー自らやってしまうというのは驚きのひとこと。

さらに使い勝手に優れるスライドドアをつぶしてクーペ風スタイルにしてしまうというのは、メーカーがやる仕事とは思えません(ほめ言葉)。

しかも、基本的なエクステリアはN-BOXカスタムではなく標準車がベースとなっており、N-BOXの見慣れたフロントマスクと思いきやチョップトップというギャップもインパクトの大きさに一役買っていますね。



エクステリアだけでなくインテリアにもこだわり満載!

さらに「インテリアカラーコレクション(現インテリアカラーパッケージ)」では、真っ赤な表皮にチェッカー模様をあしらった「ダイナースタイル」や、ホワイト基調にライトブルーを配した「グライドスタイル」など、イメージを大きく変化させる大胆なカラーバリエーションを選ぶこともできます。

まさに、フルノーマルなのにフルカスタマイズカーのような車両に仕上げることができるようになっています。

中古車で狙うときはぜひ内装色にもこだわって探してみてはいかがでしょうか。

まだまだN-BOXスラッシュだけの謎のこだわりは続きます。

メーカーオプション(初期型はX系グレードに標準装備)の「サウンドマッピングシステム」を選択すると、8個の高性能スピーカーと17cmバックロードホーン型サブウーファーに360Wの出力を誇るパワーアンプが装着されます。

さらにはルーフライニングインシュレーター、専用フロントドアホールシールといった防音材もプラスされ、最強のリスニング空間が約束されるのです。

一方、エンジンやミッションなどはベースとなったN-BOXと共通のため、その他のメカニズムは変わりないのでは……と思われるかもしれませんが、なんとここでも差別化が図られているのです。

まず、パワーステアリングのアシスト力を切り替えられる「モード切替ステアリング」が用意され、標準では重めの設定のパワーステアリングをスイッチひとつで軽めの設定に変更できてしまいます。

そして、Nシリーズでは実はN-BOXスラッシュが初採用だった「電子制御パーキングブレーキ」も奢られているのです。

ベースとなったN-BOX自体も軽自動車の枠を超えた充実装備でしたが、N-BOXスラッシュはそれを大きく上回る充実装備っぷりだったのですね。

まだ現行車だが2代目は登場しないかも……

そんなN-BOXスラッシュは実はまだ現行車。つまり新車で購入することができるモデルです。

そのため、中古車で購入しても旧型感が薄いというのも嬉しいポイントですよね。

気になるタマ数は執筆時点(2019年9月13日)で約400台と、6000台以上掲載されている初代N-BOXに比べると少なめ。

ただ、これはN-BOXの台数が多すぎるだけで決して少ない数字ではありません。

価格帯は安いものでは総額100万円を切るものもありますが、ボリュームゾーンとしては120万~130万円が中心となっており、N-BOXに比べて高値安定となっています。

これはファミリーカー的要素の強いN-BOXに対して、N-BOXスラッシュはよりパーソナルな個性の強いモデルという評価がなされているからでしょう。

逆に言えば、最終的に手放すときもN-BOXより高値が付きそうな気配ですね。

オプション品も含めるとかなりのバリエーションとなり、自分好みの1台を探すだけでも楽しくなってしまいそうなN-BOXスラッシュ。

2代目は登場しないかも……? といわれているので、現行車である今のうちに探してみることをオススメします!

文/小鮒康一(フナタン)、写真/ホンダホンダ N-BOXスラッシュを探してみる▼検索条件ホンダ N-BOXスラッシュ(現行型)×全国

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(カーセンサー )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します