現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 陸自の戦車に変化が? 総火演で見た花形は戦車じゃなかった

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■戦車がキャタピラから車輪に変わっている?

 2019年8月25日に令和最初の陸上自衛隊「総合火力演習」が実施されますが、これに先駆けて開催された一般公開予行が、同年8月22日におこなわれました。

    日産が「ガンタンク」を発表!? 「ジューク」にクローラー装着の凄いクルマ!

 総合火力演習、通称:「総火演(そうかえん)」は、陸上自衛隊の演習のひとつで、元々は富士学校の生徒に火力戦闘とはどういうものかを理解させるために始まりました。しかし、昨今では国民の自衛隊への理解度を深める意図が強く、ショー的な演出が取り入れられています。

 2019年度の演習を観て感じたのは、陸上自衛隊の主要な兵器が「自動車化」しているということでした。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ham*****|2019/08/25 12:39

    違反報告

    16式は90式の代替では無い事
    筆者はマヌケだわ
  • mr_*****|2019/08/25 12:26

    違反報告

    陸自は戦車や装甲車などのオモチャばかりを欲しがり作りたがる。
    それなのに陸自隊員の89式小銃は配備開始から30年経っても完全配備されない。
    張子の虎同然の組織で国防など出来るはずも無い。
  • mug*****|2019/08/25 12:36

    違反報告

    上陸された時点で防衛できる目はないんだから戦車も戦闘車もなくして予算を他に回すべきだね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン