現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EVの販売目標を5年前倒し!トヨタが電動化を急ぐ理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近の急速な『EV』の普及で三井住友DSアセットマネジメントは、マーケットレポート「電気自動車(『EV』)で連携が加速」を公開したので紹介しよう。

6月7日、トヨタ自動車は「『EV』の普及を目指して」と題する記者会見を開いた。この中でハイブリッド車(HV)や『EV』など電動車の年間販売が550万台になる時期の2025年への5年前倒しや電池での連携先の拡大などを発表した。

    ソフトバンクとトヨタの共同出資会社MONET Technologiesに本田技研と日野自動車が出資

トヨタが電動化を急ぐ背景には、燃費規制が厳しくなる欧州や中国などで急速な『EV』の普及が見込まれることがある。今後の動向が注目される。(@DIME)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン