現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019を受賞したジャガー「I-PACE」ってどんなクルマ?

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019を受賞したジャガー「I-PACE」ってどんなクルマ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)である「I-PACE」は、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」に選出された。日本国内に投入されるのは今年だが、すでに昨年秋、同車の発表会が行なわれている。プロテニスプレーヤーの錦織圭選手もゲストとして登場し話題を集めたのは、記憶の新しいところだ。

■参考記事 ジャガーが造った電気自動車のSUV「I-PACE」が革新的な理由

    レクサス「ES」「UX」、マクラーレン「600LT」、ジャガー「I-PACE」、2018年に話題を集めた輸入車の試乗レポート

ジャガー・ブランドとしては初の受賞となる。

「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員は、23か国から60名の著名なモーター・ジャーナリストで構成され、技術的革新性、デザイン、パフォーマンス、効率性、価格に見合った価値という観点から評価。

ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)、ラルフ・スペッツ博士は次のようにコメントした。

「ジャガーにとって初めてのBEV『I-PACE』が、同じくジャガーにとって初となる『ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019』を受賞することができ、大変嬉しく思います。『I-PACE』は、英国で白紙の状態からデザインおよびエンジニアリングをした、技術的に最も高度なBEVであり、真のゲームチェンジャーだと自負しております。今回の受賞は、ワールドクラスのチームが積み重ねてきたこれまでの努力の結実であり、私たちの誇りです。」

「I-PACE」は、世界的に順調に販売を伸ばしており、これまでに8,000台超のデリバリーをしているが、ヨーロッパにおける販売台数は全体の75%を占めるという。

「I-PACE」のような高いデザイン性とドライビング・パフォーマンスを兼ね備えたモデルは他に類を見ない。先進の電動パワートレインとビスポークのアルミニウム・アーキテクチャーの利点を最大限発揮するよう設計されており、スポーツカーのようなパフォーマンスとSUVならではの実用性を提供する。「I-PACE」のオーナーは、ヨーロッパ全土にある85,000以上の充電スポットを利用することが可能。

「I-PACE」は、2018年3月1日のワールドプレミア以降、「ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」をはじめ、「ノルウェー・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」、「UKカー・オブ・ザ・イヤー2019」、「BBC TopGearマガジン EVオブ・ザ・イヤー」、「中国グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー」、そして「Autobest’s ECOBESTアワード」など、すでに55の世界の名だたる賞を獲得している。

関連情報:https://www.jaguar.co.jp/index.html

構成/編集部

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2019/03/13 08:01

    違反報告

    EVはコンパクトカーのイメージがあったが、スタイリッシュなプレミアムSUVで登場させた業績は大きい。
    今後は充電時間の短縮と航続距離の伸長が課題ですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します