現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三井化学:中国におけるガラス長繊維強化ポリプロピレンの生産設備新設

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.10

三井化学:中国におけるガラス長繊維強化ポリプロピレンの生産設備新設

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井化学は、同社グループの中国の製造拠点である三井化学複合塑料にガラス長繊維強化ポリプロピレン(長繊維GFPP)の生産設備を新設する。長繊維GFPPの製造拠点は、日本、米国に次ぎ3番目。今回の設備新設により長繊維GFPPの生産能力は、10,500トン/年となる。

 プライムポリマーが開発した長繊維GFPPは、繊維状のガラスとポリプロピレン樹脂を溶融・混練して得られる複合材料。軽量で、ガラス繊維が長いことによる剛性や耐衝撃性のバランスに優れていることに加え、外観性が良いことから、無塗装による自動車向けバックドアインナー等に採用されている。
(三井化学は長繊維GFPPを、環境貢献価値が高い製品としてBlue Valueに認定している)

    シェフラー:電動モビリティに最適なステアリングギアを製造

 昨今の環境規制の強化やEV化の進展を背景に、自動車には更なる軽量化が求められている。こうした中、バックドアなどの金属代替素材として、繊維強化樹脂の需要は増加が見込まれている。同社は、世界的に拡大する需要を的確にとらえ、重点分野の一つであるモビリティの更なる事業拡大を進めていく。

1. 製品 ガラス長繊維強化ポリプロピレン(長繊維GFPP)
2. 製造場所 三井化学複合塑料(中山)有限公司 中国広東省中山市
3. 生産能力 3,500トン/年
4. スケジュール(予定) 2020年2月完工、9月営業運転開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します