現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱が3列クロスオーバーSUVの最上級モデル「エンゲルベルグ ツアラー」を世界初公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.6

三菱が3列クロスオーバーSUVの最上級モデル「エンゲルベルグ ツアラー」を世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■三菱自動車のブランドメッセージ“Drive your Ambition”を体現したモデル

 三菱は3月5日から開催されたジュネーブモーターショー2019で、新世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「エンゲルベルグ ツアラー」を世界初披露しました。

    打倒「GT-R」! バブルが生んだ三菱の「リーサル・ウェポン」

 3列シートSUVの最上級モデルとなる「エンゲルベルグ ツアラー」ですが、車名の「エンゲルベルグ」は、スイス中央部の山間部のエンゲルベルグ村が由来となっています。有数のスキーリゾートである同地では、人の手が入っていない自然な地形で滑走するスキースタイル、フリーライディングを楽しむことができます。

「エンゲルベルグ ツアラー」は、PHEVシステムを採用しています。大容量の駆動用バッテリーを車両中央フロア下に搭載。高出力・高効率モーターを フロントとリアに搭載したツインモーター方式としながらも、広大な室内空間を確保し 3列シートパッケージを実現しました。

 エンジンは2.4リッターのPHEV専用ガソリンエンジンを搭載し、シリーズ走行モードにおける発電では高い回生率を発揮するとともに、静粛性や燃費性能の向上に貢献します。

 なお、EV航続距離は70キロ以上、満充電・燃料満タンの状態からの航続距離は700キロ以上となります。(WLTPモード)

 モータードライブによる力強さと優れた環境性能と、意のままの操縦性と安定性を実現する四輪制御により、ドライバーがイメージした通りの加速・旋回・制動を可能にし、あらゆる天候・路面状況でも安心で安全なドライブを実現しました。

 外観は力強さや頼もしさを表現したデザインとし、フォグランプを配備した自動開閉のルーフボックスや、前後バンパーにアンダーガードを装備して、アクティブなSUVに仕上がっています。

 内装は3列シートSUVとして多人数が快適に過ごすのに十分な広さのキャビンスペースを確保するなど、質感と機能性にこだわりました。

 ボディカラーは、雪景色の中で静寂ながらも張り詰めた緊張感のある冷たい空気感をイメージし、光の当たり方により青く輝く上質なシルバーを採用しました。

 また、給電時や充電時には、フロントフェイスの特徴である「ダイナミックシールド」のメッキ部を柔らかく点灯させることで、PHEVならではの特長を表現しています。

 さらに、三菱のブースでは、電動車の新しい価値を実現する新たなサービスとして「電動DRIVE HOUSE(DDH)」 がデモンストレーション展示されます。

 これは、三菱自動車販売店で電動車の購入とあわせてV2H機器を中心とした家庭用システムを提供するもので、日本をはじめ、欧州などでも2019年よりサービスが開始される予定です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します