現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、内臓・筋肉を持つ衝突実験用ダミー人形「THUMS(サムス)バージョン6」開発

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.11

トヨタ、内臓・筋肉を持つ衝突実験用ダミー人形「THUMS(サムス)バージョン6」開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌に載らない話 vol282

トヨタは2019年2月8日、豊田中央研究所と共同で、クルマの衝突事故における人体の傷害発生メカニズムをコンピューター上で解析できるバーチャル人体モデルTHUMS(サムス:Total HUman Model for Safety)を改良し、「THUMS バージョン6」として発売した。このTHUMS バージョン6は、詳細な内臓モデルを備えているのに加え、乗員の身構え状態やリラックス状態など様々な筋力状態を模擬可能な筋肉モデルを持っており、自動運転車両などの普及による将来の乗員姿勢の多様化を想定した、より精度の高い解析が可能となっている。

    ホンダ、スーパーGT2019で2年連続シリーズ・チャンピオンを狙う


従来は衝突回避から衝突に至る乗員挙動シミュレーションと傷害解析では、まず衝突前の筋肉の状態を考慮して乗員の姿勢変化を模擬できるTHUMS バージョン5を使用し、その後、衝突時の骨や内臓の傷害を精度よく解析できるTHUMS バージョン4に切り替える必要があった。

※関連記事:トヨタ 予防安全に対応したバーチャル人体モデル「THUMS Version5」を発売

今回開発したTHUMS バージョン6を活用することで、衝突前の乗員姿勢変化と衝突時の傷害解析を同時に高い精度で実施でき、THUMS(サムス)の切り替え作業が不要となり作業効率の向上つながる。

今後は予防安全装備の普及や自動運転技術の導入に伴い、運転支援機能の利用によってリラックスした状態など、衝突時の乗員姿勢は従来以上に多様になると予想されので、THUMS バージョン6は、様々な状況において乗員を保護する安全技術の開発に活用されることが想定されている。

なおTHUMSは、「JSOL(東京都中央区)」、「日本イーエスアイ(東京都新宿区)」を通じて販売される。THUMS(サムス)はこれまでトヨタだけではなく国内外の自動車メーカーや部品メーカー、さらには大学や研究機関など多くの施設でクルマの安全技術研究に使用されており、今回の改良により、安全技術研究へのさらなる貢献が期待される。

トヨタ 関連情報
トヨタ 公式サイト
JSOL 公式サイト
日本イーエスアイ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します