現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > GT-RやフェアレディZも雪上試す! 日産の様々な4WD車を極寒の地で徹底チェック

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.10

GT-RやフェアレディZも雪上試す! 日産の様々な4WD車を極寒の地で徹底チェック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■まずは昨年追加された「ノート e-POWER」四駆からチェック!

 各地で降雪の声が聞こえるようになると、我々自動車業界人はまるで民族大移動のように、雪国へと大挙して乗り込んでゆくのが通例です。なぜならばこの時期にしか体験できない試乗シーンが、そこにはたんまり用意されているからなのです。

    超売れっ子、日産「ノート e-POWER」の実燃費はいかに? 下りでは脅威の燃費値も!

 そう、それはズバリ、スノードライブ。まずは日産自動車がメディア向けに開催した「Nissan Intelligent Mobility(ニッサン・インテジェント・モビリティー)雪上試乗会」のレポートをお届けします。

『ニッサン・インテジェント・モビリティー』とは、『もっと安心して意のままになるドライビング、走りの快感、常に社会とつながる便利さを通してお客さまがワクワクするような体験を実現します』(※日産自動車のプレゼンテーションより引用)という日産自動車のクルマづくりへの取り組みへの考え方なのですが、此れ雪上にも然り、ということで試乗会にもこのようなタイトルを付けたのだとか。

 今回の試乗モデルはそのニッサン・インテジェント・モビリティーを体現するピュアEVの「LEAF」のほか、「ノート e-POWER」「セレナ e-POWER」はじめ、雪とは縁遠い存在と思えるスポーツモデルの「フェアレディZ」や「GT-R」まで用意されたゴージャスかつバラエティー豊かなものでした。それぞれを短評でお届けします。

 さて、日産といえば昨年「国内登録車販売台数ナンバーワン」に輝いた「ノート」の好調すぎる売れ行きが伝えられていますが、実は雪道においてもこの「ノート」とくにe-POWERモデルの信頼性はなかなかのものです。

「ノート e-POWER」には昨年、待望の四輪駆動が追加されました。

「ノートe-POWER」は、搭載されたガソリンエンジンを発電機として使用することで、駆動の100%をモーターで出力するという電気自動車の種類のうちのひとつです。追加された4WD技術は、そのモーターを利用したモーターアシスト方式で、前後それぞれを独立したモーターで駆動させています。駆動配分は100分の1秒単位で制御され、雪道においてもっとも不安な領域である0km/hから30km/hまでを四輪駆動でアシストし、それ以上の速度域では従来どおり二駆(前輪駆動)で走行する、というものです。

 それにしてもわずか30km/hまでの速度域までしか四輪駆動にならないって、「一体大丈夫なの?」と、筆者(今井優杏)も乗り込むまではやや不安があったのですが、いざアクセルペダルを踏んでみれば、スタート時にタイヤが空転するようなことは皆無でした。

 試乗シーンは折しも寒波到来の中、時折ホワイトアウトを起こすほどの悪天候だったのですが、相当なる降雪量の一般道でも、またハイスピードコーナーが用意され、磨き挙げられたクローズド・コースでも安定した印象は変わりません。

 もちろん「e-POWER」ならではの「ワンペダルドライブ」も健在。アクセルペダルひとつで雪道をワシワシと走る楽しさは、これまでにないワクワク感を連れてきてくれます。

 また、「e-POWER」は減速時にモーターにてエネルギー回生を行います。路面状況に応じて最適な回生ブレーキを発生させるという技術が搭載されているため、これまた雪道走行では不安要素となるブレーキ側でも、滑りやズレのない安定した減速が出来るのも印象的でした。

 それはミニバンの「セレナ e-POWER」でも同じです。

■多人数乗車のセレナや電池を積んで重いリーフはどんな感じ?

 乗員人数が多いことを想定されたミニバン向けにトルクなど制御はコンパクト&スポーティーな「ノート e-POWER」に比べ、ややマイルドになるように調整されていますが、スッキリと、そしてズバっと加速する良さはそのまま雪上でも生かされていることを体感しました。

 ただし、ワンペダルドライブ時に、急にアクセルペダルをオフにしたりすると、回生ブレーキの減速Gがミニバンの背高ボディにガツンと効きます。多用していると他の乗員はちょっと酔ってしまうかもしれませんので、アクセルペダルのオフは繊細に行いましょう。

 また、「セレナ e-POWER」には現状、まだ4WDモデルがありませんので、どうしても四輪駆動がほしい方はモデル追加を待ってください。

 ピュアEVである「LEAF」では、減速時、回生ブレーキに加えて物理ブレーキも併用しています。

 いざ試乗をすると、「ノート e-POWER」に比べ、バッテリー搭載などの理由から「リーフ」はかなり重いのです。どれくらい重いかというと旋回時など、そのズッシリした車重のせいでコーナー外側にツル~っと、どんどん押し出されてしまう感覚を肌で感じることが出来るほどです。これもクルマの特性が出やすい、雪道上ならではの実感です。

 とくに今回の試乗会では徒歩でも前に進めないレベルのミラー路面を定常円旋回させてもらえたので、重さへの実感はひとしお。しかし、そんな重量をしっかりと受け止めるため、とくに滑りやすい路面においてはモーターとブレーキを併用し、後輪だけでなく四輪でしっかりと制動させているのです。ですから、こんなに重量級ボディでも、停まる時への安心感は実はピカイチなのでした。

 そして、そもそも鋭いトルク伝達が得意技の電気自動車ですから、促進方向には雪道であっても抜群の加速を見せてくれます。雪道ではドライ路面よりもストップ&ゴーが増えるもの。ワンペダルならそのストレスが、物理的に半分になってしまうというわけです。

■雪上でもスゴイ!「フェアレディZ NISMO」と「GT-R」

 最後にちょっとオマケです。今回、クローズドコースにて「フェアレディZ NISMO」(MT車)と「GT-R」も走らさせてもらえました。

 いやはや、これはスゴイです。どっちも「もっと踏んで、踏んで」と誘いかけてくる悪女のようです。

「フェアレディZ」はFRですから、乱暴にアクセル操作をしてしまうと、ともすればすぐにスピンしてしまうのですが、今回のコースはほぼ圧雪路面だったために筆者のあんまり上手じゃないドラテクでも直線ドリフト出来てしまいます。マイナス7度の中、汗をかくくらいの興奮を味わいました。

 さらに「GT-R」はハイパワー四輪駆動でウハウハです。コーナー入り口で操舵角を決め、あとはアクセルを踏んだら勝手にぐるんと旋回してくれる。これも重量バランスに優れたスポーツモデルならではの恩恵だと感じました。

 この「安心」と「遊ばせる」の振れ幅の大きさは、さすが日産です。あらためて4WDカーラインナップの魅力に驚きました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 今井優杏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します