現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > Drone Future Aviation:陸上配送ドローンによるラストワンマイルの無人配送に向け、日本郵便との実証実験を実施

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.6

Drone Future Aviation:陸上配送ドローンによるラストワンマイルの無人配送に向け、日本郵便との実証実験を実施

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DroneFutureAviation(DFA)は、日本郵便が福島県南相馬市及び双葉郡浪江町で行なった配送実証実験に、陸上配送ドローン「YAPE」を提供して参加した。

 今回の実証実験は、DFAが独占取扱権を有する陸上配送ドローン「YAPE」を利用した日本国内での荷物等の無人輸配送実現に向けた取り組み。DFAの「YAPE」を用いた日本郵便の初の公式な実証実験となる。
 今回、福島県南相馬市及びふたば自動車学校の協力により、災害公営住宅およびふたば自動車学校において、従来の実験より実際に近い環境での実証実験を行った。この実験により、社会的課題解決や日々の買い物支援など、陸上配送ドローンでの荷物等の輸配送実現に向けた取り組みを進めていく。

    マウザー:3相ブラシレスDCモータ・アプリケーション向けTI社DRV835xスマート・ゲート・ドライバの販売を開始



<公開デモ概要>
・日時:2019年1月31日(木)午前11時~12時
・場所:福島県南相馬市内の災害公営住宅
・実験概要:実際の配送環境や生活環境に近い、災害公営住宅での陸上配送ドローンによる実験を行うことで、配送や買い物支援の社会的課題における配送ロボットの可能性を検証し、自動配送の実現を推進
・主催:日本郵便

「YAPE」はイタリアを本社とする会社で、現在、地元警察の協力を得て、公道での配送実証実験を行っている。「YAPE」の機体は親しみやすい見た目。独立した電気モーターを備えたふたつの車輪でエネルギー消費を最小化し、動きの機敏さを最大化する構造。これにより小道や狭い空間を機敏に動き、楽々と歩道を上り下りが可能である。「360度ヴィジョン」により、人間の目よりも早く障害物を検知して回避できる。最大25%の傾斜・4cmの段差に対応し、ペイロードは最大70kg。ヨーロッパ特有の凸凹した道でも走行可能な陸上配送ドローンだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します