現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガー XJ220【スーパーカー第二黄金期】 バブルな時代のスーパーカーたち(その12)

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.5

ジャガー XJ220【スーパーカー第二黄金期】 バブルな時代のスーパーカーたち(その12)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一次のスーパーカーブームが落ち着いてから約10年。1980年代末に日本はバブル景気に突入する。そんな時代に新たなスーパーカーが数多く登場し「スーパーカー第二黄金期」が到来する。年末年始スペシャルとして、日本が最も輝いていた華やかなりし時代の寵児たちを振り返ってみたい。第12回は、イギリスのジャガーが送り出した「JAGUAR XJ220:ジャガー XJ220」だ。(ホリデーオート2018年11月号より)

ジャガー XJ220。その名が示すのは、最高時速220マイル!
「JAGUAR XJ220:ジャガー XJ220」

    【やんちゃなトヨタ】セラ トヨタのやり過ぎた傑作車たち その1

ポルシェの959やフェラーリのF40を追うように、ジャガーがスタートさせたプロジェクトが「XJ220」だった。1988年、バーミンガム・ショーでV12エンジンを搭載したプロトタイプを発表する。

車名が示すように、最高速は220mph(約350km/h)を目指した。ライバルの6気筒や8気筒のターボエンジンに対して、当初はジャガー伝統の自然吸気V12ユニットを500psにチューンしてミッドシップ4WDとし、内装はコノリーレザーで…と計画していた。

だが、これらのアイテムを盛り込んでいくと車重は1700kgを超え、とても220mphで快適に走行することなど実現不可能となった。そこで当時ル・マンなどで活躍した3.5LのV6ツインターボをデチューンして搭載し、駆動方式もRWDにするという、大幅な軌道修正が図られた。

それでも542psと65.4kgmというパワースペックを誇り、最高速度は350km/h、0-100km/h加速は3.85秒、0-160km/h加速は8.0秒と発表された。

91年の東京モーターショーで350台の限定発売と発表されたが、最終的には280台ほどしか販売されなかったという。また、レーシングカーとしてル・マンなどにも参戦している。

ジャガー XJ220 主要諸元(1992年)
●全長×全幅×全高:4930×2220×1150mm
●ホイールベース:2640mm
●重量:1470kg
●エンジン種類:V6 DOHCツインターボ
●排気量:3498cc
●最高出力:542ps/7000rpm
●最大トルク:65.4kgm/4500rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●タイヤサイズ:前245/45ZR17・後345/30ZR18

[ アルバム : ジャガー XJ220 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します