現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【動画・西部警察スペシャル】6代目DR30型スカイラインRSベース、RS-3を覚えているか!? マシンアルバム File.03

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.1

【動画・西部警察スペシャル】6代目DR30型スカイラインRSベース、RS-3を覚えているか!? マシンアルバム File.03

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説的なアクション刑事ドラマ「西部警察」に登場するクルマたち、マシンXやスーパーZ、RS-1など、特殊装備やリアルな架装を施されたマシンたちを、短期集中連載で紹介していこう。第3回目「西部警察 マシンアルバム File.03」は、6代目“ニューマン”スカイラインのRSをベースにしたRS-3だ。

パート2の第15話「ニューフェイス!! 西部警察機動軍団」でスーパーZと登場
1979年10月から1984年10月まで、テレビ朝日系で放映されたポリス・アクション・ドラマの金字塔「西部警察」。初回放映から40年近く経った今でも熱烈なファンを持つドラマだ。その人気の理由のひとつが、劇中に登場した西部警察マシンたちだ。今なお伝説的な存在として語り継がれている。

    【やんちゃなトヨタ】セラ トヨタのやり過ぎた傑作車たち その1

ここでは、そんなモデルたちを短期集中連載で紹介していこう。第3回目「西部警察 マシンアルバム File.03」は、西部警察のパート3・第16話でRS-1、RS-2とともに登場した特別機動車両・RS-3だ。

ベースとなったのは、6代目DR30型スカイラインの2ドアハードトップ2000RS。「DOHC 4バルブ」という初代GT-Rに搭載されたS20型以来の高性能ユニット・FJ20E型エンジンを手に入れ、4気筒ながら“レーシングスポーツ”の名を与えられた。

RS軍団の中では、「エレクトロニクスを駆使した情報分析車」として位置付けられている。主な情報分析&制御機能としては、赤外線暗視装置や温度感知画像処理装置、各種情報交換や目的地までの経路誘導などを行なう自動車総合管制システム、電波の発信方向および距離を表示する信号分析装置、前後方向の追跡レーダーやシグナルコントロール(信号制御装置)を搭載。ハイテクで武装したまさに「情報分析マシン」なのだ。詳しくは、https://www.motormagazine.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=951



■動画撮影&編集:小松信夫

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します