現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダジェット・エリート、ファーストデリバリーで日本の空が変わる? ホリエモンも共同オーナーのひとりだ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.20

ホンダジェット・エリート、ファーストデリバリーで日本の空が変わる? ホリエモンも共同オーナーのひとりだ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの誇るビジネスジェット、ホンダジェット・エリートの日本におけるデリバリーが開始された。

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダ・エアクラフト・カンパニーは、12月7日に国土交通省航空局からホンダジェット・エリートの型式証明を取得し、日本における初号機の引き渡しを行った。
 
 羽田空港内の整備場で開催された式典には、国土交通省の蝦名邦晴航空局長、ホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格社長、日本でディーラーを務めるホンダジェット・ジャパンの遠矢源太郎チーフエグゼクティブが出席した。

    2019年のカレンダー、用意しましたか? 年内発送は、12月28日10:00受付終了分まで!

 ホンダジェット・エリート日本最初の顧客はドローンビジネスを手がける個人投資家の千葉功太郎氏。共同で購入したという。千葉氏に加え、同じく実業家の堀江貴文氏、投資家の山岸広太郎氏他も共同所有者となる予定だ。

 なお今日引き渡されたのは今年5月のジュネーブで発表されたばかりの最新型ホンダジェット・エリート。千葉氏らは都市間はビジネスジェットで、都市内に入ったらさらにそこから渋滞のない空中をドローンで飛行することで、たとえば北海道で仕事を終えて、ビジネスジェットとドローンを乗り継いで、沖縄でゴルフを楽しむ、というライフスタイルを提案していた。


 2015年に登場した初代ホンダジェットは、主翼上面のエンジン配置や自社製ジェットエンジンなど、独自開発技術により、小型ビジネスジェットクラスで最高レベルの最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性および室内サイズを実現したと謳う。現在のエリートはさらに性能を向上させ、現在では北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インドで販売しているという。

 日本におけるディーラーは、丸紅エアロスペース株式会社で販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを提供する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zzr*****|2018/12/21 09:32

    違反報告

    確かにこの写真ではカッコ良いが、旅客機が離発着している飛行場でみると
    か細い小さな蚊のように見えて 残念ながら情けない飛行機に見えるんだよな~

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します