現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これはアメ車? いいえ、日本車です!──光岡自動車の新スポーツカー「Rock Star」の全容が明らかに!

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.5

これはアメ車? いいえ、日本車です!──光岡自動車の新スポーツカー「Rock Star」の全容が明らかに!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光岡自動車は、2018年11月29日(木)、200台限定生産の新型車「Rock Star」を発表した。12月1日(土)より受注を開始する。価格は469万8000~518万4000円だ。

Rock Starは、光岡自動車創業50周年を記念して開発されたもので、2代目シボレー・カマロ風のスタイルを纏ったオープンカーだ。ベースは、マツダの現行ロードスター(ND型)で、「卑弥呼」に続く、ロードスターベースの第2弾モデル。長年、クラシカルな欧州車を彷彿とさせるモデルを送り出してきた光岡自動車にとって、アメリカ車のデザインを意識したモデルは、今回が初の試みだ。

    カマロに屋根はいらない──コンバーチブルで空を楽しもう! カマロ コンバーチブル試乗記

開発コンセプトは、“やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ”。かなり大きく見えるRock Starであるが、ボディサイズは、全長:4345mm×全幅1770mm×全高1235mmと、そこそこコンパクトだ。卑弥呼と異なり、ホイールベースの変更はなく、ロードスターらしい軽快な走りが味わえるのもポイント。

フロントおよびリアまわりは、専用の樹脂パネルに変更されており、古き良きアメ車を連想させる伸びやかでグラマラスなスタイルを表現している。スチール製の風合いを持つ樹脂製メッキバンパー、スリット入りのボンネット、エアダクト付きのサイドフェンダーなどの装飾には、力強さを感じる。

フロントとリアのライト類もデザインに合わせた丸目LEDライトが採用されている。エクステリアでベース車と同じ部分は、フロントガラスまわりとドアパネル程度ということもあって、ロードスターの面影を見出すのは難しい。

ボディカラーは、撮影車の「ロサンゼルスブルー」をはじめ、米国の地名にちなんだオリジナルの全6色を用意する。また、カスタマイズパーツとして4色のソフトトップや専用デザインの15インチヴィンテージタイヤ&ホイールなどがある。

インテリアは、ロードスターとほぼ同じであるが、ボディ同色のドアパネルやボディカラーを一部あしらったレザーシートなどによって個性を演出する。

パワートレーンや基本的な装備は、ロードスターに準じている。エンジンも1.5リッター直列4気筒DOHCエンジン(132ps/152Nm)のみ。グレードはベースの「S」(6MTのみ)と、快適・安全装備を増やした「Sスペシャルパッケージ」(6MT/6ATを設定)の2タイプだ。

Rock Starが登場前よりネットを中心に大きな話題を集めた背景について、光岡 章夫代表取締役社長は、「50周年記念車の限定販売は前々から決定しており、まず弊社のエンドユーザーに先行案内をお送りした。その情報が発表前に世の中に出てしまった。順番が逆になってしまったことお詫びしたい」と、事情説明をおこなった。ただ好意的なコメントの多さに驚くとともに、光岡ユーザー向けに確保した限定数50台はすでに完売済みであることも明かした。

12月1日より販売するのは、残りの150台。ハンドメイドということもあって、最初の工場出荷モデルは2019年6月頃を予定する。計画では、2019年度に先行受注分の50台、2020年度と2021年度に75台ずつ生産する。

今後のオーダー分については、先着順で生産されるという。最短でも再来年の納車となる模様だ。光岡自動車は、「納期までの時間も楽しんでもらえたら……」とコメントしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 大音安弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します