現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今年の予防安全性能評価のトップはトヨタ カローラ スポーツ 平成30年度前期自動車アセスメント結果

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年から国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)が実施している自動車アセスメント(ジャパン ニュー カー アセスメント、略称:JNCAP)の2018年前期の結果が発表されました。

自動車アセスメントとは、消費者が新車を購入する際により安全なクルマを選ぶことができるように、またメーカーがより安全なクルマの開発を行うように、新型車でかつ販売台数の多いクルマの中から、学識経験者やユーザー代表者などが選抜したクルマの安全性能の評価とそのテスト結果を公表するものです。

試験は大きく分けて2つあります。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mas*****|2018/12/06 08:30

    違反報告

    確かに年々進化の様子は良く分かる、しかし悩ましいのは 車選び、買い替えのポイントが
    やたら増える割に、心から欲しいと実感出来る車が少ないと思うのは オレだけか。
  • ztt*****|2018/12/06 08:26

    違反報告

    フォレスターよりカローラの方が上なの?って思ったらやっぱり、カメラは夜間(と早朝と夕方と悪天候)が苦手なんだなぁ。
    昼夜天候関係なくちゃんと止まれて、スバルくらい運転支援も上手&高機能ならいいのに。
    新型TSSも綺麗な白線じゃないと認識してくれないし。
  • rea*****|2018/12/06 08:36

    違反報告

    同じ粘土の開発者なのにメーカー内の車種で差がありすぎるのもどうかと思うよね。