現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 明るさと配光にこだわる人へ! IPF LEDヘッドランプバルブX2 【CAR MONO図鑑】

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.24

明るさと配光にこだわる人へ! IPF LEDヘッドランプバルブX2 【CAR MONO図鑑】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明るさや配光にこだわったLEDバルブがIPFから新登場。純正ハロゲンバルブと手軽に交換装着ができるのも嬉しいところだ。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ:IPF電話:027-346-3316

LEDヘッドランプバルブX2 オールインワンモデル…3万8000円

    カルロス・ゴーン前会長逮捕で11月22日に日産が出したリリース

LEDヘッドランプバルブX2 コンパクトモデル……3万2000円

 H4タイプのハロゲンバルブと交換装着ができるコンバージョンタイプのLEDバルブ。

 IPFとLEDチップメーカーのLextar Electronics社が共同開発をしたヘッドランプバルブ用LEDチップを搭載。色温度6500K(ケルビン)の目に優しく力強い発光色を採用している。またLED発光面をハロゲンバルブのフィラメントと同等の形状にすることで、本来の配光を乱すことのない正確な照射が可能だ。

 ラインアップは2種類。オールインワンモデルはバルブの後端部分にドライバーユニットを搭載し、優れた取り付け性を実現。さらに独自の構造によってシンプルながら効率の良い冷却性能も備えている。路肩や白線が見やすいワイドな配光性能を備えるうえにハイビームで5400lm(ルーメン)〈従来モデル4200lm〉、ロービーム3800lm〈従来モデル2400lm〉という圧倒的な明るさだ。


 また、コンパクトモデルはドライバーユニットを別体化した超省スペース設計で、ヘッドランプ後方スペースが狭いリトラクタブル車、ワンボックス車、軽トラックなどのクルマに最適だ。ハイビームで4000lm〈従来モデル3200lm〉、ロービームで2800lm〈従来モデル2600lm〉の明るさを達成し、配光は中心高度重視。ロービームでは手前を明るく、ハイビームではより遠くまで光が届く遠方照射を実現している。独自の技術により優れた放熱性能を備えているのも特徴だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 浜先秀彰)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します