現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > STマイクロエレクトロニクス : ガルバニック絶縁と保護機能搭載の4Aデュアルチャネル・ゲートドライバを発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.21

STマイクロエレクトロニクス : ガルバニック絶縁と保護機能搭載の4Aデュアルチャネル・ゲートドライバを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは、新しいガルバニック絶縁ゲートドライバであるSTGAP2DMを発表した。STGAP2シリーズの2品種目となる同製品は、低電圧制御回路およびインタフェース回路と絶縁型の出力チャネル(2個)を集積しており、ユニポーラまたはバイポーラのゲート駆動が可能。

 最大1700V定格のSTGAP2DMは、ガルバニック絶縁による優れた安全性とともに、設計の簡略化と部材コストおよび基板面積の削減を実現する。また、4Aでゲートを駆動できる2個のレール・ツー・レール出力(26V)を備えているため、産業用モータ・ドライバや大電力インバータの性能を最大限に引き出すことができる。STGAP2DMは、バッテリ充電器、溶接機、誘導加熱器(IH)、および汎用の電源やコンバータなどに最適だ。

    ZF:ドイツ初の工場敷地内ドローン輸送を実施

 STGAP2DMは、専用のシャットダウン端子とブレーキ端子、減電圧ロックアウト(UVLO)、2個の出力が同時にオンとなることを防止するインターロック、サーマル・シャットダウンなど、包括的な安全機能を内蔵しているため、システム設計の簡略化と信頼性向上が可能。また、入力端子電圧によって制御可能なスタンバイ・モードにより、ドライバ待機中の電力を低減することができる。

 そのほか、STGAP2DMは、TTL/CMOSロジック互換入力(3.3V/5V)により、ホスト・コントローラとの接続が簡略化されているとともに、入出力伝搬遅延が80nsと小さいため、高精度のPWM制御で高速に動作させることができる。

 STAGP2DMは現在量産中で、小型基板設計を簡略化するSO-16パッケージで提供される。単価は、1000個購入時に約2.17ドル。同製品は、Electronica 2018(11月13日~16日、ミュンヘン)のSTブース(ホールC3/101)に展示された。

詳細については、www.st.com/stgap2d-pr を参照。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します