現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > AGC:紫外線による劣化を抑え、自己修復性を持つポリカーボネートシート「CARBOGLASS LF」を開発

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.20

AGC:紫外線による劣化を抑え、自己修復性を持つポリカーボネートシート「CARBOGLASS LF」を開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGCは、高い耐候性と自己修復性を持つポリカーボネートシート「CARBOGLASS LF」を開発した。今後、本製品を遮音壁やフェンスなどの屋外設置物件向けに販売し、2019年より量産を開始する予定だ。

 ポリカーボネート(ポリカ)は、透明かつ耐衝撃性に優れることから防護フェンスや道路の遮音壁などに使われる一方で、紫外線を浴びると劣化(耐衝撃性の低下、変色)するという短所がある。表面に紫外線吸収剤を添加させて保護層とした耐候グレード品も販売されているが、これらの製品は紫外線を長時間浴びると保護層が低分子量化し、紫外線がポリカに到達して劣化してしまう。

    日産と住友商事、住友三井オートサービスが、EVの新たな二次利用に関する協定を締結

 今回開発した「CARBOGLASS LF」は、AGCの開発した、被塗物の寿命を延ばす高耐候性フッ素樹脂ルミフロン(※1)をコート樹脂(※2)に用いており、
・紫外線を長時間浴びても保護層の紫外線吸収能力が落ちないため、耐衝撃性と透明度を長期間維持できる
・時間の経過とともに微小な傷は自然消滅する“自己修復機能”をもつ
・熱曲げしても表面にクラックが生じないため、より自由な形状デザインを可能にする
といった特長を持つ。

 本製品は2018年12月5日(水)~7日(金)に幕張メッセで開催される「第9回高機能フィルム展」に出展予定。(ブース番号 4ホール16-48)
詳細:http://www.filmtech.jp/

※1  AGCが開発した高耐候性塗料用フッ素樹脂で、被塗物を屋外環境から保護し、耐久性の向上に貢献する。1982年の上市以来、世界中の建築構造物に採用されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します