現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米国でも大きな問題「あおり運転」 日本製ドラレコに世界が注目

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.15

米国でも大きな問題「あおり運転」 日本製ドラレコに世界が注目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■アメリカでも8割以上が「あおり運転」を経験

 英語では「ロード・レイジ」(Road Rage)といわれる「あおり運転」は、日本だけではなく、一般市民がクルマを自由に使える国ならどこでも起こる可能性があります。もちろん、アメリカにおいても日常茶飯事的に発生しているといいます。その米国市場において、日本のカー用品メーカーが「360度撮れるドライブレコーダー」の販売を開始。日本の最先端技術がアメリカのあおり運転にも威力を発揮するのでしょうか。

    なぜ多い? 煽り運転のきっかけ「通せんぼ走行」 高速追い越し車線で法定速度走行はNG?

 アメリカ自動車協会(AAA)の調査によると、アメリカ人の8割以上が「後続車から煽られたことがある」と回答。日本でもJAFや保険会社が同様の調査を行っていますが、やはり8割前後のドライバーが「煽られた」経験があると答えています。

 あおり運転が原因の事故や事件がクローズアップされたことで、この1年間はとくに関心度が高まり、自衛策の一つとしてドライブレコーダー(以下:ドラレコ)を購入する人も急速に増え、自動車用品店でのドラレコの売り上げは、前年の2倍、3倍にもなっているそうです。

■日本のカー用品メーカーが最強のドラレコをもって米国市場に進出

 アメリカでも、もちろんドラレコは販売されており、日本の数倍もの大きな市場があります。ちなみに、日本ではドライブレコーダーを略して、ドラレコといいますが、英語圏では一般的にダッシュカメラ、オンダッシュカメラ、ダッシュカムなどといわれます。「ダッシュボード上にセットされたカメラ」という意味です。

 その米国ドラレコ市場に、日本のカー用品メーカーであるカーメイトが「360度撮れるドラレコ」として、先日開催されたSEMA2018に出展し、11月1日から米国での販売を開始しました。なお、アメリカでのブランド名は、カーメイトではなくRAZO(レッツォ)を使用していますが、これはすでにRAZOブランドのカー用品(シフトノブやペダル類)がアメリカで定着しているためだそうです。

■世界各国のメディアから注目され、「グローバルメディア賞」を受賞

 アメリカ初上陸となった360度撮れるドラレコ「製品名:ダクション 360(DC3000A)」ですが、SEMAショーに出展したことで来場者からはもちろん、世界各国のメディアから注目を集め、世界19か国30名のジャーナリストが選ぶ『Global Media Award(グローバル・メディア・アワード)』を受賞しました。

 この賞は、各国のジャーナリストがSEMA に出展された約3000点の新製品の中から、「自国の消費者に訴えるような製品かどうか」を慎重に吟味し審査されます。

 世界が注目する「ダクション360」は、どこが評価されたのでしょうか? SEMAショーのRAZOブース担当者に話を伺いました。

――来場者からの評価はいかがでしたか。

 当社のダクション360は360度の撮影ができるドラレコとしての機能の他に、ドライブレコーダーからアクションカメラへ簡単に切り替えできることや製品デザインの良さが評価されたようです。

 はじめて出展したので、来場者からの評価はとても参考になり嬉しいものでした。米国でのドラレコは150-200ドル前後が相場で、それを前後に二つつける人もたくさんいます。ダクション360は2倍以上の価格になりますが、1つのカメラで360度撮れるのでそれほど高額というイメージはないようです。

――米国内のドラレコ需要はいかがでしょうか。

 日本と比べて普及率はかなり高いと感じています。アメリカは「煽り運転への抑止力」というより、事故が起きたあとの証拠として使われる方が多いようです。アメリカは訴訟社会ですし、賠償額も高額になるので、ドラレコがあった方が絶対によいですね。

 また、ドラレコを一番多く使っているのはUBERのドライバーだそうです。お客さんとのトラブルがあった場合に有力な証拠となるからです。日本でも都市圏のタクシーでは、ほとんどの車両に搭載されていると聞いています。

――米国ではどんなところで販売されますか。

 日本ではカー用品店で買う人が多いと思いますが、アメリカのカー用品店は日本と少し品ぞろえが違っていて、修理部品が多いです。アメリカでは整備や修理を自分のガレージで行うのが一般的ですから、そこが日本と違うところです。

 そこでアメリカでは家電専門店やセキュリティ/オーディオ用品の取り付けショップなどでの展開をしています。

※ ※ ※

 アメリカはもちろん、世界各国のジャーナリストからも高い評価を得たダクション360ですが、今回の出展で意外なニーズがあることに気がついたそうです。

「SEMAでブースに来た方からは、レースやドリフト、オートバイやオフロード車で使用したいという声が多くありました。アクションカメラとしても使えるダクション360の特長を評価していただけたようです。従来のドライブレコーダーとしての使用に加えて、モータースポーツやアクティビティを楽しむ方にも使ってほしいと思います」(カーメイトマーケティング戦略室 目知子さん)

 いざという時の証拠映像を録画するドラレコとしての機能の他に、360度撮れる機能を活用してモータースポーツシーンでも人気となりそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 加藤久美子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します