現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタル:最新世代のカメラは車載コンピューターにより大きな「目」を与える

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.6

コンチネンタル:最新世代のカメラは車載コンピューターにより大きな「目」を与える

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンチネンタルは、車の「注意深く見守る目」に対し増え続ける要求を満たすため、最新世代の多機能カメラMFC500を設計した。この新世代のカメラは、素晴らしい暗視性能と高い画像解像度(1から8メガピクセル)という優れた機能を備え、画角も125度まで向上し、横切る物体をさらに早期に検知することができる。

 カメラは、最新の運転者支援システムの実現において重要な役割を果たすとともに、自動運転で使用される多様なセンサーのなかでも不可欠な要素となっている。カメラ開発の発展が、安全で快適な無事故運転の実現の重要な前提条件を設定する。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 シャシー&セーフティー部門ADAS事業部長のカール・ハウプト氏(Karl Haupt)は、本製品の利点について次のように説明する。「MFC500の最大の特性はそのモジュラー方式、スケーラビリティ、そして接続性です。モジュラーキットにはインテリジェントなMFC500カメラのほか、サテライトカメラ、そしてアシステッド・自動運転向けの制御ユニットADCU(Assisted & Automated Driving Control Unit)を含み、それらすべてをお客様要件に合わせ統合することが可能です」

 環境認識ならびに運転機能はオプションとしてカメラに統合することも、別の制御ユニット(ADCU)に含めることも可能。最大限の柔軟性、モジュラーデザインが最大限の柔軟性を提供し、両オプションをサポートする。スケーラブルなソフトウェアは、車両内の様々な条件、たとえばインフラや演算能力に最適に適合する。

高性能で360度の環境検知

 前向きのカメラや、広角レンズをもつサラウンドビューカメラ、サイドミラーに置き換わる専用カメラ、そしてリアビューカメラに至るまで、車内での利用法の数や種類を見ると、カメラの重要性の高まりがわかる。「マルチカメラシステムや360度環境認識の使用は、自動運転の実現に欠かせません。モジュラーシステムコンポーネントを、運転アシストや自動運転、サラウンドビューに利用します」このように述べるのは、ADAS事業部でカメラ製品プログラムマネジメントの責任者サーシャ・セムラー氏(Dr. Sascha Semmler)だ。

コンピュータビジョンとニューラルネットワーク

 駐車時の単純な物体検知から、サラウンドビューカメラの画像処理、道路交通における複雑な状況の制御に至るまで、環境検知条件の多様性も増え続ける一方だ。ADAS事業部でセンソリックス開発を統括するトーマス・ブローム氏(Dr. Thomas Brohm)は説明する。「シナリオを完全に理解しなくてはなりません。なぜなら、それこそが、近々に何が起こるのかを予測し、それに備えることができるようにしてくれるからです」

 従来のコンピュータビジョンの方法に加え、MFC500は利用可能なハードウェアに合わせ拡大縮小できるニューラルネットワークも採用している。ニューラルネットワークは、複雑な機能を学び、それらを処理実行することができる複数の演算装置で構成されている。

環境との連結

 カメラを環境と連結することも可能だ。「eホライズン」と「ロードデータベース」に接続することで、道路情報とランドマークがクラウドへ送信、またクラウドから受信され、車両の位置を特定し、プロアクティブな運転を可能にする。連結のもうひとつの利点はソフトウェア、そして機能が常に最新のものに、無線経由で更新されること。これにより、最新世代カメラは、将来にわたって使い続けることが可能になる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します