現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 緊急停車時の重要アイテム「三角表示板」、設置しないとリスク高? なぜ標準装備ではないのか

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.6

緊急停車時の重要アイテム「三角表示板」、設置しないとリスク高? なぜ標準装備ではないのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■停車中に後続車衝突の死亡事故、ほとんどが「三角表示板」不設置

 何らかのトラブルにより高速道路でやむを得ず路肩に停車する際、後続車に存在を知らせるために使われるのが、いわゆる「三角表示板」をはじめとする停止表示器材です。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 自車後方の見やすい位置、JAFでは自車から50m後方に設置することを推奨しています。高速道路での停車中は、これを設置しないと違反になるというものなのですが、この器材、メーカー標準装備になっていないことがあるのはなぜでしょうか。

 こうしたトラブルにおける停車中の安全対策としては、三角表示板の設置とあわせて発煙筒を使用し、異状を周囲に知らせることも有効です。発煙筒と三角表示板がセットで搭載されているクルマも多いでしょう。

 発炎筒は、保安基準でクルマに装備することが義務付けられており、新車でも標準的に搭載されていますが、三角表示板などの停止表示器材については、装備義務はありません。しかし、上のような高速道路での停車時に使用しないと、「故障車両表示義務違反」により1点減点(反則金6千円)という罰則が課されます。

 とはいえ近年、高速道路上で停車する際に三角表示板を立てることを怠るドライバーが少なくないようです。

 高速道路で停車中のクルマに留まっていた、あるいは下車して道路上に立っていた人に後続車が衝突したことによる死亡事故が、2012年には49件発生しましたが、そのなかで三角表示板を設置していたケースはたった1件しかなかったというデータも。政府インターネットテレビでは、この数値を紹介して注意を呼び掛けているほか、NEXCO各社もしばしば、緊急時の停車における安全対策の広報を行っています。

 では、なぜ三角表示板は発炎筒とちがい、新車メーカーが標準装備としないのでしょうか。

■三角表示板だけじゃない? もうひとつの停止表示器材

 三角表示板を標準装備としないことについてホンダは、「高速道路において必要ではありますが、常備を義務付けられたものではないうえ、ライフスタイルとして高速道路を利用されない方もいらっしゃいます。そもそもクルマを乗り換えるたびに増えていっても仕方のないものであることから、オプションとして販売店で取り扱うようにしています」と話します。

 4年という使用期限のある発炎筒と違い、三角表示板は半永久的に使えますが、クルマを乗り換える際には、もともとの三角表示板を新しいクルマに載せかえることを忘れないようにしたいものです。初めて、あるいは改めて買い求める人は、カー用品店でも1000円くらいで購入できることもあります。

 もうひとつ、三角表示板の装備が義務でない理由として、「停止表示器材」として定められているものが三角表示板だけでないことも挙げられるかもしれません。

 道路交通法施行規則では停止表示器材として、紫色の回転灯「停止表示灯」も規定されています。覆面パトカーなどが付けるパトランプの紫版だと思えばイメージしやすいかもしれません。これは、停車したクルマと三角表示板との距離が確保できない場合などに効果を発揮します。5000円前後でも市販されており、カー用品店などでも取り扱いがあります。

 ちなみに、高速道路で停車する際には、ハザードランプを点灯させて路肩に寄り、発炎筒や停止表示器材で後続車に対する安全策を講じたあと、全員クルマを降りてガードレール外などで避難するようNEXCO3社は呼び掛けています。前出のとおり、車内に留まったままで後続車が衝突し、命を落とすケースが多発しているとのこと。また、ガードレール外で避難する際も、自車の後方にいるほうが、後続車が自車に衝突した勢いで負傷するリスクを回避できます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します