現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ自動車、TRI-AD、東京海上日動火災保険 高度な自動運転の実現に向けた業務提携に合意

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.31

トヨタ自動車、TRI-AD、東京海上日動火災保険 高度な自動運転の実現に向けた業務提携に合意

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車、Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc.(以下「TRI-AD」)、東京海上日動火災保険の3社は2018年10月30日、高度な自動運転の実現に向けた業務提携に合意したことを発表した。


トヨタが目指す高度な自動運転を実現するためには、AIの進化やシミュレーションの精度向上が必須であり、そのためにはデータや、交通事故原因の究明ノウハウが非常に重要な役割を担っている。
東京海上日動は、年間200万件を超える交通事故対応の実績と、交通事故による損害発生の予防・軽減に関するノウハウに加え、事故ごとの発生状況や発生原因などに関するデータを保持している。また、それらのノウハウやデータを活かして、自動運転の実証実験への参画や、責任関係が明白でない事故でも迅速な被害者救済を実現するための「被害者救済費用等補償特約」を損保業界で初めて開発するなど、高度な自動運転社会への貢献に取り組んできた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

今回の業務提携では、トヨタ、TRI-AD、東京海上日動の3社は、東京海上日動が事故対応や各種サービスを通じて得たノウハウやデータを用いて、自動運転技術開発の高度化に向け、取り組んでいくとしている。
具体的には、東京海上日動が分析した実際の交通事故の状況や、事故が発生しやすい危険な状況を、トヨタおよびTRI-ADが自動運転のシミュレーション環境に再現。これにより、現実の世界により近い状況下でのシミュレーションと検証が可能となり、自動運転システムの安全性向上を図ることができる。
また、東京海上日動は、将来に向けて自動運転車から取得する各種データを活用した、損害サービスの高度化や迅速に保険金を支払うの仕組み等の新たなサービスを検討していく。
なお、データサイエンスカンパニーである株式会社ALBERT(アルベルト)が、ビッグデータ分析およびアルゴリズム開発領域において技術支援を行う。

トヨタ 公式サイト
Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc.
東京海上日動火災保険株式会社
株式会社ALBERT

トヨタ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します