現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 予期せぬトラブルの強い味方「JAF」でも運べない…うっかりで対象外となるクルマとは?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.7

予期せぬトラブルの強い味方「JAF」でも運べない…うっかりで対象外となるクルマとは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■自然災害であっても必ず助けに来てくれる心強い存在JAFも対応できない!?

 バッテリー上がりやパンク、予期せぬ不具合などで、JAFのロードサービスにお世話になった経験がある人も少なくないでしょう。

    矢印の方向に進むと違反? レア度MAX!「黄色の矢印信号機」とは

 大雪でスタックした場合など、損保会社の無料ロードサービスでは対応不可能な自然災害であっても、JAFは助けに来てくれる心強い存在です。しかし、そんなJAFでもロードサービスやレッカー車などでの移動が対象外となるクルマがあります。どんなクルマなのでしょうか?

 自動車保険の無料ロードサービスは契約車だけが対象となりますが、JAFは「人(会員)に掛かるサービス」となるため、会員証を持っている人がいれば自分のクルマではなくても、ロードサービスを受けることができます。

 例えば、レンタカーやカーシェアリングのクルマ、また会社の営業車などでも対象となります。パンクやバッテリーが上がったりした場合も、マイカーと同様の会員サービスを受けることができます。ちなみに、かつてはロードサービス対象外だった2輪車(原付から大型二輪まで全車対応)は2005年から、タクシーなど事業用車両と大型車も2010年から対象となっています。

 JAFが、1963年に東京地区でロードサービスを展開し始めて55年が経過しました。その間、ロードサービスの対象地域はもちろん、対象車種の種類や車両総重量なども拡大していますが、現在でも対象とならないクルマも存在します。

 JAFでは、ロードサービスの対象車両を「車両重量3000kg以下(最大積載量2000kg以下)の自動車・バイク」としているため、3001kg以上のバスやトラックは「燃料切れ」「キーの閉じ込み」のみロードサービスの対象となっており、レッカー車での牽引や積載車に載せて運ぶことはできません。

 筆者(加藤久美子)は20年以上前、フォード「ブロンコ」というフルサイズの4×4(1ナンバーの普通貨物車登録。車両重量2280kg)に乗っていた時期があり、当時、1ナンバー車は原則対象外でしたが、個人使用でなおかつ車両重量2300kg以下のクルマなら対象となるため、ギリギリだったという記憶があります。

■対象車種の範囲内であっても、運べないクルマが存在

 3トン以上のクルマの他には、「大特」「小特」の2種がロードサービス対象外となります。大型特殊とは、カタピラを有する自動車(一部除く)、ロード・ローラ、ショベル・ローダ、ダンパ、フォーク・リフト、農耕作業用自動車、ロータリ除雪車、ターレット式構内運搬車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車及び内閣総理大臣が指定する特殊な構造を有する自動車など。

 小型特殊は、特殊な構造を持つ、長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下、総排気量1500cc以下、最高速度15km/h以下という条件に該当するクルマとなります。(農耕車はサイズ、総排気量に制限はなく、最高速度だけ35km/h未満)

 そして、もう一つの運べないクルマとは、「車検が切れたクルマ」です。車検切れのクルマを車検場などに運ぶ際、JAFが運んでくれたら助かりますが、車検切れのクルマは対象外とのこと。これはどのような理由からでしょうか。JAF広報部に聞いてみました。

――なぜ車検切れのクルマが運べないのでしょうか?

 道路運送車両法58条で、車検切れの車両は運行に使用してはならないと定められています。JAFのロードサースは『運行上のトラブル』に対応いたしますので、運行できないクルマは対象外となります。ただし、車検切れであっても、仮ナンバーがついていれば『臨時で運行が許可されている』ことになりますので、対応が可能です。

 また、このほか公道を走ることが許されない違法改造車も対応いたしかねます。ただし例外があり、そのクルマを放置しておくことで交通の円滑が阻害される(渋滞発生等)など、やむを得ない事情がある場合は自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の期間内であればこの限りではありません。(JAF広報部)

 車検切れのクルマ、違法改造車はいずれも公道を運行できないクルマになるため、運行上のトラブルに対応するJAFのロードサービスでは対応できない、ということです。

■JAFを予約する!? ロードサービスは緊急時以外も使える

 ロードサービスと言うと、故障や事故で動けなくなったクルマを運ぶ際に利用するイメージですが、実はJAFのロードサービスは「予約」ができます。

 たとえば夜中にタイヤがパンクして、その場での応急処置やスペアタイヤへの交換ができないような場合、JAFを呼ぶとひとまずクルマと人を自宅まで送り届けてくれます。後日、タイヤショップまでクルマを持って行くときに再びJAFに運んでもらうことが可能で、さらにロードサービスの予約もできるとのこと。

 通常の救援依頼と同様、「♯8139」に電話するか、「JAFを呼ぶ」などのスマートフォンアプリを使えばOKです。ただし、予約には限りがあるため、週末などは混んでいる場合もあります。日程が決まれば早めに予約をとる方が無難です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 加藤久美子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gos*****|2018/10/07 08:31

    違反報告

    ある程度のクルマの知識・技能(タイヤ交換など)と、小型のバッテリージャンプスターターが常載してあれば、JAFは要らなかったりします。

    出光のクレジットカードカードのオプションで900円程でJAFの9割ほどのロードサービスしてくれたり、または自動車保険でロードサービス付いてるヤツとかあったりするので、
    むやみに「JAF入った方がいいよ」とはならないのですよ。
  • nik*****|2018/10/07 10:01

    違反報告

    自動車保険に付帯してるからJAFなんて必要なし。
    JAF会員の人って知らないのかな?
    高い年会費払ってバカバカしいよ(笑)
  • tak*****|2018/10/07 09:09

    違反報告

    文章書くお仕事してるなら一度校正してから寄稿しよう。
    「かつてはロードサービス対象外だった2輪車(原付から大型二輪まで全車対応)は2005年から、タクシーなど事業用車両と大型車も2010年から対象となっています。」は「かつてはロードサービス対象外だった2輪車は2005年から原付〜大型二輪まで全車対象となって、タクシーなど事業用車両と大型車も2010年から対象となっています。」の方が分かりやすい。逆接の文章中に括弧書きで順接が入るとややこしい。
    あと3000kgまでオッケーと言ってて自車2300kgでギリオッケーって、全く余裕じゃん。JAFの規定は全く知らないけど1ナンバー対象外なのにマケて貰ったと言いたいの?でも上で1ナンバー対象外と書いてないしもっと上位にそれ書いた方が分かりやすくない?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します