現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 帝人:Inapal Plasticos社を買収

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.22

帝人:Inapal Plasticos社を買収

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帝人は、ポルトガルの自動車向け複合材料成形メーカーであるイナパル・プラスティコの全株式を取得し、完全子会社とすることとした。

  Inapalは、1980年代から自動車メーカーやトラックメーカーに幅広くGF-SMC製部品を提供しているTier1メーカーで、炭素繊維を使用したCF-SMCやPCM(Pre-preg Compression Molding)、LFT(Long Fiber Thermoplastic)などの技術も有している。また、自動車業界で「クラスA」と称される美麗な外観を有する外板部品に特徴があり、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMW、ジャガー、ランドローバー、ベントレーなど、欧州の自動車ブランドへの幅広い採用実績を誇っている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 帝人は2017年1月、北米最大の自動車向け複合材料メーカーであるContinental Structural Plasticsを買収し、Tier1サプライヤーとして複合成形材料事業を展開している。 2011年には、世界初のCFRTP(Carbon Fiber Reinforced Thermo Plastic:熱可塑性炭素繊維複合材料)の1分間での成形量産技術を確立し、「Sereebo」ブランドとして展開している。
 欧州ではテイジン・カーボン・ヨーロッパにおいて、CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic:熱硬化性炭素繊維複合材料)の端材を極小化するプリフォーム製造技術「PvP」(Part via Preform)を核に一貫生産体制を構築し、欧州の自動車メーカーからTier1認定を得て、既に市販車の構造材に採用されている。さらに、CSPの傘下にあるフランスの現地法人、CSPヨーロッパにGF-SMC工場の新設を決め、欧州での複合成形材料事業の拡大を模索していた。

 こうした中、帝人は欧州における自動車向け複合成形材料事業の拡大に向けて、欧州の自動車メーカーに幅広い採用実績を有するInapalを買収することとした。

 今後、帝人は複合成形部品のTier1サプライヤーとして、地域戦略とマルチマテリアル戦略により、自動車メーカーに対するグローバルソリューションプロバイダーとなることを目指していく。
 地域戦略としては、このたびの買収を、自動車向け複合成形材料事業における欧州展開の第1弾と位置づけ、今後さらにM&Aを模索し、欧州の自動車メーカーの部品供給パートナーとして拡大を図るとともに、EV化の進行が予想される中国などへの展開を強化していく。マルチマテリアル戦略においては、既にCSPで具現化が進んでいるように、コストや成形性などを考慮した異素材との複合化も模索し、顧客ニーズを先取りした部材提案を可能とする体制の構築を目指す。
 こうした展開により、今後一層厳しくなる環境規制に対してソリューションを提供する事業体として、2030年近傍には、自動車向け複合材料製品事業で売上2,000百万米ドル規模へと拡大していくことを目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します