現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > くたびれた運転席と助手席を入れ替える、注目のリフレッシュメニュー

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.5

くたびれた運転席と助手席を入れ替える、注目のリフレッシュメニュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無駄なく最後までシートを使い切る予算3万円の”お手軽プラン”とは?

GT-R専門誌「GT-Rマガジン」のデモカーである日産・スカイラインGT-R(R34スペックII ニュル)が、走行距離30万kmの大台を迎えたそうだ。そのぶん運転席シート外側の生地が摩耗の限界を超えてしまったわけで…。そこで思いついたのが、以前にR32GT-Rで施工したという『カナザワボディリペアー』の運転席&助手席シート入れ替えメニュー。パッと見は同じだが、裏の形状やシートとフレームを止める部品が異なれば、交換は難しくなるはずだが、R34GT-Rでも入れ替え可能なのだという。ただし、作業レポートは後ほど述べるとして、交換するにあたり注意点が3点ある。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

1_左右入れ替えるため、背もたれにリクライニングディバイスが収まる”穴空け”が必要2_リクライニングデバイスを隠すよう付けるため、側面生地を一部カット3_座面表皮をレールに止めるための部品を加工して取り付ける

すなわち、これを行なうと再度入れ替えたとき完全に元の状態には戻らないということ。しかし、交換することによって座面の張りが復活し、サポート性が向上。助手席の使用頻度が少なかったぶんだけ、新車に戻ったかのようにリフレッシュ感が得られたそうだ。

【背もたれの損傷比較】右が運転席外側のサポート部で、左側は助手席外側。運転席側は型くずれてシワが入っているのがわかる。

【座面の損傷比較】同じく右が運転席座面で左が助手席側。運転席側はサポート上面が大きく波打っている。

また、リクライニングデバイスが入る背もたれ側面もサポート形状に傷みが見受けられた(右が運転席、左が助手席)。さらに運転席の座面下は、シート表皮を剥ぐと中からスポンジの粉がポロポロと。見えない部分の劣化も進んでいたようだ。



見た目にも違和感なしで鮮度もアップ

リクライニングデバイスのカバーを外した状態で、施工前と施行後の違いを確認。施行前は、さすがにすべてのパーツが収まるべきところに収まるように形状が作られている。とはいえ、施行後もセンターコンソール側の可動金属部の露出が少し大きくなるくらいで、比較しなければ違和感は最小限といったところ。

復活の具合はわかりにくいが座った感覚は雲泥の差。特に座面は”こんなに張りがあったのか”と、大きく効果を感じたそうだ。なお、内側のデバイスはセンターコンソールで見えない。サポート部の破れは、最も負担がかかりにくい助手席内側に。

純正の中でも一級品と言われるスカイラインGT-Rのシート。そのぶん、できる限り長く使用したいものだ。ちなみに、気になる価格は左右交換で3万円。高いと感じるのか、安いと思うのかはアナタ次第!

取材協力:カナザワ ボディリペアー TEL046-223-7319http://kanazawa-bodyrepair.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『GT-R Magazine編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します