現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 前年同期比8.4%の増収、ホンダが2018年度第1四半期決算を発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.1

前年同期比8.4%の増収、ホンダが2018年度第1四半期決算を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは2018年7月31日、2018年度第1四半期(2018年4月1日から2018年6月30日までの3ヵ月間)連結決算の概況を発表した。

2018年度第1四半期連結累計期間の連結売上収益は、全ての事業における増加などにより、4兆241億円と前年同期にくらべ8.4%の増収となった。
営業利益は、メキシコの水害影響や為替影響などはあったものの、北米地域での四輪車とインドやベトナムなどアジアでの二輪車の好調な販売などによる売上変動及び構成差に伴う利益増や販売費及び一般管理費の減少などにより、2,993億円と前年同期にくらべ11.2%の増益となった。
税引前利益は、3,582億円と前年同期に比べ6.9%の増益、親会社の所有者に帰属する四半期利益は、2,443億円と前年同期にくらべ17.8%の増益となった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日までの12ヵ月間)の連結業績の見通しは、前回公表値より以下のとおり、修正している。
売上収益は1,500億円減収の15兆4,500億円、営業利益は100億円増益の7,100億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は450億円増益の6,150億円にした。
営業利益については、当第1四半期に発生したメキシコの水害や原材料価格の高騰による影響などはあったものの、二輪車の販売台数の増加、コストダウン努力などにより100億円増益の計画とした。
また、当第1四半期末配当金は、1株当たり27円(対前年同期3円増配)とし、年間配当金の予想は1株当たり108円(対前年度8円増配)としている。

第1四半期連結累計期間の実績

2018年度(2019年3月期)通期連結業績見通し

ホンダ 2018年度 第1四半期決算報告書(PDF)

ホンダ 関連情報
ホンダ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します