現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > R32GT-Rの理想を具現化した究極なる「カーボン×ワイドボディ」

ここから本文です
業界ニュース 2018.4.22

R32GT-Rの理想を具現化した究極なる「カーボン×ワイドボディ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアロパーツの域をはるかに越えた 純正ラインを損なわない美麗フォルム

タイムアタックからドラッグレース、イベントまで精力的に全国を駆け回る福岡県のGT-R専門店「GARAGE ACTIVE」。その代表を務める坂本和繁氏が、自分の理想のGT-Rを作りたいと一念発起。 日産・R32スカイラインGT-R(BNR32)ファンの誰もが納得する、究極のボディキット『R32 ACTIVE CARBON WIDE BODY KIT』を作り上げた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「ショップ代表としてではなく、32好きの一人のR乗りとして、まわりを見渡したとき、心から装着したいと思えるボディキットはどこにもありませんでした。世の中に存在しないのならば自分でデザインして理想の形を作るしかない、と思ったのがスタートでした」と坂本代表。 自分だけの1台を作ると考えたとき、外せなかったのがシャコタン/深リム /ワイドボディ。絶対に譲れない3つの要素を加味して、高い理想を掲げて完成にこぎつけたのが『アクティブカーボンワイドボディキット』だ。 「拘ったのは一瞬見たときは気が付かないけれど、思わず2度見してしまうようなR32GT-Rです。すなわち、R32GT-Rの美しいプレスラインを崩さないことが条件。それをワイド化し、全体のフォルムをまとめるのに苦労しました」。

写真を見てもらえばわかるが、片側40mm拡大にも関わらず、前から後ろに流れるラインはまぎれもなくR32。サイドスカート下に取り付けられたサイドアンダーディフューザーがさり気なく違いを主張する程度だ。これならばエアロ嫌いのオーナーも納得だろう。 「最初は12Jのワイドリムのホイールを取り付けて、サーキットも走れる最適なジオメトリーにセット。そこから、理想のフェンダーアプローチを決めていきました。また、エアロの造形は32のホイールの出幅が左右で異なることも加味してデザイン。細かい部分を一つ一つ潰しながら、一進一退で進めていきましたね」。

エアロパーツはホワイトボディがあればクルマが再生できるように、外板パーツはすべて製作。ただし、ワイドボディを構成する前後バンパー、サイド、フェンダー、テールベゼルなどはノーマルと互換性がないため、単品装着は不可だ。 「正直、自分が欲しいGT–Rを作りたかっただけですから、もし1台も売れなかったとしてもいいんです。ただ、願わくば、この”カーボンR”を見て、絶対これが手に入れたい、と共感してくれる人がいると嬉しい。そんな人が一人、二人と増えていけばそれだけで満足ですよ」。

なお、エアロキットの販売だけでなく、このボディスタイルをベースとしたコンプリートカーも販売。今回撮影を行なった2台はプロトタイプとなり、外装だけでなく、エンジンを新規で製作して内装までリフレッシュされていた。

“隣のGT-RがタイプMに見える”、このさりげなさが持ち味

全幅はノーマル比片側40mm拡大。シルバーのノーマルと比べると迫力の違いは明らか。 フロントフェンダーはオリジナルラインを損なわず、ステアリングを切っても12.0Jという超ワイドなホイールが当たらないようにデザインされた。

素材をカーボンで作るだけでなく、ボディのカーボン目を可能な限り整えるなど仕上げもとことん拘った。青いR32は下処理をあえて行なわず、カーボン目が出るように塗装。テールベゼルはノーマルではなく、ワイドボディに合わせて新規で製作した。

【GARAGE ACTIVE デモカー】

世界基準をクリアする22点式のロールケージを組み込み、サーキットやドラッグレースを走るために製作した『GT900Rコンセプト』。 サスペンションは「T-DEMAND」との共同開発による競技用エアサス。エンジンルームは配線を隠すセミワイヤータックでCOOLな印象とした。 心臓部は、HKS製の2.8ℓにHKSの『GTIII-5Rタービン』を組み合わせたフルチューン仕様を搭載する。

こちらの『GT600Rコンセプト』は、ストリート仕様。 内装はダッシュボードから前後シート、天井からカーペットまで張り替えられ、新車のような雰囲気に。ロールケージは「Kansaiサービス」のリフレッシュバー。エンジンはHKSの2.8ℓに『GTIII-4R』の組み合わせで、マフラーは美しいサウンドにこだわって製作したオリジナル。 ブレーキキットも深リムホイールに対応の専用品となる。 「青いGT-Rは業界初のエアサスでレースを楽しめるように仕上げる予定。やることはいっぱいですよ(笑)」。 新たなチャレンジに胸を踊らせる坂本代表は、”R”に魂を捧げている。

「Aピラーは剛性低下をまねくので仕方なく貼りにしましたが、それ以外はカーボンですべて成型しました」(坂本和繁代表)

R32 ACTIVE CARBON WIDE BODY KIT for BNR32 PRICE:235万4,400円(セミボディキット)~378万円(フルボディキット)

キット詳細:ワイドフェンダーキット/ワイドリアフェンダーキット/ボンネット/フロントグリル/フロントバンパー/バンパーダクト/フロントディフューザーキット/ドアキット/Aピラー/Cピラー/ルーフ/トランク/サイドスカート/サイドアンダーディフューザー/リアバンパー/リアウイング/リアリップウィング/リアアンダースカート/テールベゼル/グループAミラー ※赤字はセミボディキットの部品

ガレージアクティブ TEL0930-25-4488 http://www.g-active.co.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『GT-R Magazine編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します