現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産自動車:ドライバーの脳波測定による運転支援技術を開発

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は3日、ドライバーの脳波を測定し、運転を支援する先駆的な研究を発表した。日産の脳波測定による運転支援技術(Brain-to-Vehicle、B2V)は、ドライバーの反応時間を早め、ドライビングをよりエキサイティングなものにし、ドライバーとクルマの関係を再定義する。本技術は、人とクルマのコミュニケーション、社会とクルマとの関わり方を変えていくことを目指す「ニッサン インテリジェント モビリティ」の最新の成果。

「将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です。ドライバーの脳波を活用して、ドライビングをさらにエキサイティングで楽しいものにしていくのです」と副社長のダニエレ・スキラッチは述べた。「ニッサン インテリジェント モビリティの取り組みのもと、自動運転や電動化、コネクテッドカーなどの技術により、私たちはよりよい社会を実現していきます」(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く