現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 後部座席のシートベルト、約3人に2人が「していない」 非着用が招く3つの危険

ここから本文です
業界ニュース 2017.12.14

後部座席のシートベルト、約3人に2人が「していない」 非着用が招く3つの危険

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、警察庁と合同で実施した「シートベルト着用状況全国調査2017」(2017年12月14日公表)の結果をもとにした、インフォグラフィック「シートベルト着用有無が明暗を分ける」をJAFホームページ内で公開した。

■後部座席でシートベルト、約3人に2人が「着用していない」と回答

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

2008年に自動車後部座席(以下、後席)のシートベルト着用が義務化されてから9年が経過したが、今年の調査結果においても、一般道路でのシートベルト着用率は、運転席が98.6%、助手席は95.2%だったのに対し、後席では36.4%と低く、約3人に2人にあたる63.6%が後席ではシートベルトを「着用していない」という結果になった。2016年の調査における着用率が36.0%と、年々逓増しているものの、ほぼ同率で推移しており上昇が見られない現実が明らかとなった。

■高速道路での後席シートベルト着用率も微増

高速道路でのシートベルト着用状況を調べてみると、運転席は99.5%、助手席は98.3%と、かなり高い着用率だったが、後席は74.4%の着用率で前年比2.6%の増加が見られ、過去最高の結果ではあるものの、約4人に1人(25.6%)が非着用と未だに低い状況となっている。

■非着用が招く3つの危険

非着用によるリスクはさまざまで、(1)本人が致命傷を負う、(2)同乗者に致命傷を負わせる(衝突の勢いで車内の同乗者にぶつかる)、(3)車外放出(自動車乗車中の者が車内から車外へ放出される)などが挙げられる。後席でも車が横転した際にサイドドアの窓から投げ出されてしまうケースがある。

JAFのHPに特設サイトを設け公開中。

インフォグラフィック掲載ページ:「後席シートベルトの安心力」
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/rearseat/infographic/index.htm

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します