現在位置:carview! > ニュース > 業界ニュース > 途中でデザインが激変!? SX4やマークX…なぜマイナーチェンジで“大整形”するのか

ここから本文です
業界ニュース 2017.9.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フルモデルチェンジでもないのにデザインが大きく変わった!!」。時折そんな衝撃のマイナーチェンジがおこなわれるモデルが存在する。最近でいえば、2017年6月に改良を受けたスズキ SX4 Sクロスも、まさにそんな一例のひとつだ。なぜ、これほどまでにガラッと車の“顔”を変えるのか? そこには大きく分けて2つの理由が存在していた。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、MAZDA、TOYOTA(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kom*****|2017/09/14 14:46

    違反報告

    韓国人デザイナーが基礎を作り上げた現在のマツダデザインが始まって、そこそこ10年程度。
    欧州メーカーのように、この顔を何十年も使い続けるかは未知数
  • rel*****|2017/09/14 12:54

    違反報告

    ベンツやBMWはどんなに古いモデルでもそのメーカーと認識できるけど、国産にそのデザイン性を備えたメーカーや車種が無いと思う。最近はマツダがそれに近い物を感じるので、頑張って続けてほしいと思う。
  • hyj*****|2017/09/14 12:15

    違反報告

    軸ぶれぶれなデザイン変更を完全に破綻するまで繰り返すトヨタはもちろん論外だが
    アウディのようにしれっとマイナーチェンジ連発して細部意匠をいじくりまわすのも好きじゃないな