現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > デビュー目前!? 三菱のスーパーハイトKワゴンのコンセプトはつまりekスペース!?【東京モーターショー2019】

ここから本文です
カー用品 2019.11.2

デビュー目前!? 三菱のスーパーハイトKワゴンのコンセプトはつまりekスペース!?【東京モーターショー2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eKクロス譲りの厳ついフェイスに注目!

MITSUBISHI/三菱 SUPER HEIGHT K WAGON CONCEPT

    【ジムニー専用】メジャーブランドがコラボしたJB64ジムニー専用の限定色ホイール|エムズスピード

TMS2019 西ホール

デリカD:5を彷彿とさせるギア感と、力強い三菱らしい魅力を表現する「ダイナミックシールド」をデザインに取り入れ話題となったeKクロス。

そのeKクロスのフェイスを踏襲したこのコンセプトカー「スーパーハイトKワゴン」。その名の通り、シルエットはスーパーハイト系のワゴン。

三菱のラインアップでいうところのeKスペースの次世代モデルと思われる。

ただ、デリカD:5やeKクロスはフェイス上部のライト類はポジションランプ等だが、このスーパーハイトKワゴンは、どうやら上部がヘッドライトになる模様。全高が高いゆえにフロントガラスが上に長くなるが、その部分とのバランスが取れたフェイスに仕上がっている。

このスーパーハイトKワゴンに限らず、スーパーハイト系の軽自動車は、ミニバンのような使い方が求められる。それゆえに車内の広さも間違いなく必要十分だろう。

オーバーフェンダー風に黒樹脂を取り入れたフェンダーや、ブロック調のバンパー下部デザインを見ると、eKクロスのようなアウトドア的な使い方もできそう。

本格的なデビューが待ち遠しい。

eKクロス譲りの厳つくインパクトのフェイス。デリカD:5に始まる三菱のインパクトフェイスがまたもや話題になりそう。

ホイールはボディカラーに合わせたツートン仕上げ。軽自動車らしいカジュアルでポップな一面も見せる。

リアバンパーはボディ色、マットブラックを含めた3色塗り分け。別体風のデザインは、このままでもカスタム感があって魅力。

三菱自動車
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

ブースの位置もわかります!

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します