現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ホイールメーカー ウェッズが2019年イヤーモデルを発表、全6本を公開!

ここから本文です
カー用品 2018.12.10

ホイールメーカー ウェッズが2019年イヤーモデルを発表、全6本を公開!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なる世界観でさらなる進化を遂げた、3ブランドから放たれた新たなる意欲作

12月10日、アフター向けのホイールメーカー「ウェッズ」は、2019年に発売する新作6本のイヤーモデルを発表。

    足元にアクセントを添える、トヨタ純正ホイール専用のカラードナット

ウェッズでは、スノーシーズン向けのエントリーモデルから上質なドレスアップを提供する上級ブランド、SUVやジムニーなどを狙ったオフロード系、SUPER GTを代表とするモータースポーツ活動で得たノウハウを投入したスポーツモデルまで、ユーザーのニーズにあわせた多岐なラインアップを揃えている。

今回発表された6モデルは、『クレンツェ』『マーベリック』『レオニス』という日本を代表するドレスアップ系ブランド。革新のデザイン理論と息を呑むほどに美しいフィニッシュなど、ストリートで際立つその造形美や設定色は、さらにブラッシュアップされた。

【Kranze Maricive】

高級ドレスアッパーとプレミアムスポーツ派をターゲットに開発をする、ウェッズのフラッグシップブランド「Kranze(クレンツェ)」。

2019年のイヤーモデル『クレンツェ・マリシーブ』は、太陽光のごとくセンターから放射状に広がるスポークが持ち味。10本スポークのそれぞれに奥行きとヒネリを与えたことで、さらなる力強さと躍動感を際立たせた。

カラーは、王道の”SBCポリッシュ”、プレミアムな”ハイパークローム”、ブラックとバフにブラッシュド加工をコンビした独創の”ブラック&バフ/ブラッシュド”。そして、”セピアブラックポリッシュ”という新色を加えた4種類を用意する。

クレンツェ・マリシーブ●サイズ:19~22インチ●構造:3ピース

【Kranze Maricive 309EVO】

3ピース構造の「クレンツェ・マリシーブ」が持つデザインの良さはそのままに、モノブロック化(1ピース構造)としたのが『クレンツェ・マリシーブ 309エボ』だ。

ただ単に1ピース構造を採用したわけではなく、スポークのラインやアールを最適化。フェイス面のラウンド(深さ)もサイズごとに調律するなど、モノブロック構造ならではの美点も取り入れた。

重厚感では3ピース構造に及ばないものの、 リムエンドまで伸びるスポークによる視覚的な口径のデカさは”309EVO”に軍配あり。カラーは”SBCポリッシュ”を設定。

クレンツェ・マリシーブ 309エボ●サイズ:18~22インチ●構造:1ピース

【MAVERICK 1105S】

リムとディスクが別体となる2ピース構造を採用するドレスアップ系ブランド、「MAVERICK(マーベリック)」では2本が用意される。

『マーベリック 1105S』は、マッシブなスポークが最大の特徴。中央は滑らかなアールで落とし込まれ、両端はシャープなリブ形状としたことで、この両極によって”硬さ”と”柔らかさ”が同居する味わい深い一本に仕上げられた。

また5スポークデザインという、幅広い車種やスタイルに似合う懐の広さも特筆すべき。カラーは、定番の”ブラックポリッシュ”、人気の”プレミアムシルバー”、そして高貴な”SBC”の3色となる。

マーベリック 1105S●サイズ:18~21インチ●構造:2ピース

【MAVERICK 1107T】

2019年のイヤーモデルとして用意された、もう1本のマーベリック。『マーベリック 1107T』は、7対のスリムなツインスポークによってエレガントかつスポーティに薫らせた期待作。スポークのアウター側を1段落とし込ませるなど、フェイスのシャープさは一層高められた。

そして”1105S”と同様に、センターに向けて深さが増していくという人気のコンケーブデザインも採用。同じく1mm単位でのインセット指定も可能なので、ベストなセッティングを求めるオーナーは注目だ。カラーは、”マットガンメタリック”、”プレミアムシルバー”、”SBC”の3タイプ。

マーベリック 1107T●サイズ:18~21インチ●構造:2ピース

【LEONIS TE】

「レオニス」は、デザインやカラーには特殊技術を投入した”ファインフォルム”を提唱する1ピース構造のブランド。ワンランク上の装いを幅広いサイズで、リーズナブルな価格で楽しめるドレッシーなホイールを世に送り出す。2019年モデルには、メインスポークに鎌のような大胆な捻りを与えた『レオニス TE』を用意。その両脇には、まっすぐに伸びるストレート形状と翼断面を持たせた2本のサブスポークを組み合わせ、じつに躍動的なデザインを描き上げた。

カラーも見逃せない。レオニスTEの立体感を引き立てる2色(PBMC、BMCMC)へ、マシニング加工後に赤色の電着塗装を施した、スパイシーな”BKSC-RED”が加えられる。サイズは15~20インチ。軽自動車からSUVまで幅広い車種をカバーする。

レオニス TE●サイズ:15~20インチ●構造:1ピース

【LEONIS SV】

非対称デザインのレオニスTEと比べるとシンプル。とはいえ、シンメトリーな10本スポークを下敷きにした『レオニスSV』には、細部にキラリと光るセンスが投じられた。例えばスポーク側面に設けた勾配。例えばセンター部に与えたディアドロップ形状のデザインホール。じつにレオニスらしい世界観がしっかりと込められている。

また、デザインホールの配置とバランスを考慮し、4穴サイズでは8本スポーク仕様にリデザイン。ハイパーシルバーとミラーカットをコンビした”HSMC”、ブラックメタリックコートとミラーカットによる”BMCMC”、深みのあるスパッタリング系塗装の新色”BMC1″と、主役を引き立てる美麗なフィニッシュも抜かりなし。

レオニス SV●サイズ:15~20インチ●構造:1ピース

なお、ウェッズの2019年モデルは、東京オートサロン2019(1/11~13)にて初披露するとのこと。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します