現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

ここから本文です
カー用品 2018.9.12

「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族が乗るクルマで安心して走りを楽しむ、ディーラーで買える最新アイテム事情

自動車メーカー直系のワークスブランド。トヨタならTRD、日産ならNISMO、ホンダなら無限、スバルなら STIと、それぞれが車両にふさわしいチューニングメニューを用意している。イメージではスポーツカーへの供給が印象強いが、じつはファミリー向けの車両にも各メーカーが精力的に力を入れているのだ。今回は国産車の4大ワークス系で展開する最新レシピをお届け。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

クオリティの高さは言うまでもなく、どのアイテムも全国のカーディーラーで入手可能。クルマの持つ実用性はそのままに、走りやスタイリングをブラッシュアップしちゃおう。

【TRD】

ハイエースの乗り味をファインチューニング

優れた積載力や耐久性と引き換えに、乗り心地や走行性能が犠牲になっているのも否めないハイエース。そこでTRDではラリーで培ったノウハウを投入。なかでもモノチューブ式のショックアブソーバやリアメンバーブレースは一押しのアイテムだそうで、ミニバンに匹敵する乗り心地と走りを実現したという。今回の試乗では、荒れた路面での走行安定性やカーブの踏ん張り感が向上していることがハッキリと体感できた。さらに驚きだったのは、後席の乗り心地が大きく改善されていた点。跳ねることがなく”ストン”と収まるといった印象だ。他にもエアロやマッドフラップでワイルドにも演出可能。フロントスポイラーやリアのバンパースポイラーなどは、十分なロードクリアランスを確保させて実用性も兼ね備えている。

ショックアブソーバセットは、ロール量こそ大きめだがじんわり動くため安心感が高い。豊かなストローク量でタイヤがしっかりと路面に追従しているのがわかる。

積載空間が大きいため、ボディが変形しやすい。これを補強するためのメンバーブレースを車体底面に装着。ショックアブソーバセットとの併用がオススメだ。

リアビューをスポーティに演出するスポーツマフラーは、上質なサウンドも魅力。大幅なパワーアップは期待できないが、レスポンスは向上できる。

http://www.trdparts.jp/

【NISMO】

“スポリセ”とLSDで、日産ノートを新時代の走りに

ニスモがチューンした「ノートeパワー」を、さらにバージョンアップ。イチオシの『NISMOスポーツリセッティング』は、独自のECUセッティングを施したもので、スポーツモードではアクセルレスポンスが高まり、回生ブレーキも強く効くようになっているという。また、開発中のフロントLSDを組み込んだのもトピックだ。その乗り味はまさに新次元で、アクセルワークひとつで自在にブレーキが掛けられる。ワンペダルでコーナーを抜けていけるので、運転がうまくなったと勘違いしてしまうほどだ。LSDの恩恵も高く、上りのタイトコーナーでもタイヤが空転することなく、グイグイと前に進んでいく。まさにニスモ・チューニングのノートは、時間を忘れて走りに没頭してしまうほどの楽しさだった。

“Sモード”では、駆動力特性の最適化により加速感を向上。同時に回生ブレーキ特性が変更され、リズミカルなワンペダル走行が楽しめる。

各モードが専用データに書き換えられる『NISMO スポーツリセッティング』。”eモード”では燃費向上を狙った特性となる。

気軽に楽しめるのがカーボンピラーガーニッシュやミラーカバーなどのアイテム。ブルーミラーやオイルフィラーキャップも設定された。

ロゴ入りの専用スエード調シートは、「eパワーニスモ」の純正品。適度なホールド感が心地よく、スポーツマインドを刺激する。

http://www.nismo.co.jp/

【MUGEN】

ヴェゼルの足まわりをナチュラルに仕立てる

マイナーチェンジを果たしたホンダ・ヴェゼルを早くもチューニング。「無限」からはエッジの効いたフロントアンダースポイラーや、18インチのアルミホイールなど、デザイン性の高い新作アイテムを投入する。なかでも注目は、快適性とスポーティな走りを両立したスポーツサスキット。ダンパーの減衰力を高めるのはセオリー通りだが、特筆すべきはスプリング。なんと純正よりも柔らかいレートを採用しているそうだ。これによりコーナーでの回頭性や踏ん張りを高めつ つ 、リアの突き上げを抑制。SUVらしからぬ軽快なフットワー クに仕立てられていた。他にもエアロパーツやウイング、バイザーなど、外装のスタイルアップも可能だ。

足まわりを積極的に動かすことで、路面に吸い付くようなしなやかな走りを実現した『スポーツサスペンション』。街中での快適性も自信ありの逸品。

チタン製フィニッシャーを採用した『スポーツサイレンサー』は、ハイブリッド車のFF用、4WD用にそれぞれ専用設計。

タフでありつつも都会的なデザインを採用したホイール『MD5』は18インチ。リムエンドまで切削加工を入れることでホイールを大きく見せる。

サスペンションキットによってノーマル比25mmダウンと、ほどよくローダウンして精悍さを増したスタイリング。スポイラー関連はフロント・サイド・リアのほか、リアのロアウイングも用意。

http://www.mugen-power.com/

【STI】

フォレスター&レヴォーグの体幹を鍛える

自動車の体幹ともいえるプラットフォームを強化し、ドライバーの意のままに動くハンドリング性能を引き出す。それが「STI」の一貫したこだわり。スバル・フォレスターについても例外ではなく、ボディを引き締めるための『フレキシブルタワーバー』や『フレキシブルドロースティフナー』を設定してきた。併せて空力を向上させるエアロパーツの導入により、フォレスターの持つ優れた素性をさらに引き上げる。

『フレキシブルタワーバー』は、横からの力は受け止めつつ、縦方向の入力を逃がす独自設計でリニアな操舵感を実現する。

もうひとつの注目パーツ『フレキシブルドロースティフナー』は、走行中のシャーシのしなりを吸収することで、ハンドリング性能の向上と乗り心地を両立する。

トップ部に高品質な牛革キップスキンを用い、STIのロゴをチェリーレッドで刺繍したCVT用のシフトノブ。サイド部はディンプル加工が施される。

リップスポイラーやリアサイドアンダースポイラーなどは、コンピュータ解析や風洞テストにより最適な形状を導き出したもの。これらのタフ&スポーツな印象を与えるエクステリアパーツも設定。

レヴォーグにはSTI Sport用へ新設定

STIのノウハウを存分に注ぎ込んだ「レヴォーグ STI Sport』。この走りと質感を磨き上げたモデルを、さらなる高みへと昇華させる関連パーツも見逃せないところ。具体的にはエアロスポイラーや『フレキシブルドロースティフナー』や『『フレキシブルサポートフレーム』などのボディパーツにより、比類なき走行性能を獲得。いっそうドライビングの楽しさが味わえるのはもちろん、高い安全性を獲得しているのも見所といえそうだ。

https://www.sti.jp/

カスタマイズと聞けば、乗り心地や使い勝手などネガティブなイメージを伴うことが多い。しかし、そうした心配は一切なく、ハンドルを握るのが楽しくなるような走りを実現しているのは、さすがワークス系だ。品質はもちろんのこと、車検の問題もなく安心して使えるのもメリットといえよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『WAGONIST編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します